ブログパーツUL5

2013年07月12日

チアゴ・アルカンタラの必要性

    リベリ       マンジュキッチ     ロッベン
   (ミュラー)      (ピサーロ)    (ミュラー)


       シュバイニー          ゲッツェ
       (シャチリ)         (クロース)

              マルティネス
              (グスタボ)


  アラバ     ダンテ      ボアテング     ラーム
(コンテント)(バドシュトゥバー)(ファン・ブイテン)(ラフィーニャ)


バイエルンのメンバーを

ペップが慣れ親しんだ4−3−3にしてみた。

なかなかに良い感じですね。

控えの選手も充分な感じ。

バルサ同様のパスサッカーには

なりそうに無いけど

これはこれで強いでしょう!?

ペップはチアゴを熱望しているようですが

必要ないといえば必要ない。。。

と、いったら話が終わっちゃうね・・・

ということで

ペップがバルサでも使った0トップ、

そして3-4-3にしてみよう。



  ミュラー   リベリ    ロッベン
 (シャチリ) (ゲッツェ) (ミュラー)

         ゲッツェ
        (リベリ)

 シュバイニー         クロース

        マルティネス
        (グスタボ)


おやおや・・・

3−4−3というか

0トップにすると、中盤の人手不足が露呈しますね。。。

M・ゴメスを放出したので

オプションとして

CFを使わない0トップは当然可能性があるわけで

でも、シュバイニー、クロースあたりが

負傷したら・・・このオプションは使えない。

試合前から3−4−3が使えない状況なら問題ないけど

1試合の中で4−3−3から3−4−3に変更した後に

中盤に負傷者が出たら

ミュラーを1つ下げるなりして

再び4−3−3には戻せるけど

3−4−3の維持は不可能。


ってことでチアゴの出番がようやく来ました!

良かった、良かった。

中盤なら何処でもこなせるチアゴ。

そして、MFとCBをこなせるハビマル。

チアゴを入れて、ハビマルをCBでスタートさせれば

かなり自在にフォーメーションを代えることができるよね。

バイエルンにチアゴは必要ないっていうコメントが

多い感じがするけど、チアゴ獲得で

だいぶバリエーションが増えそうですね。


まあ、ペップがバルサ時代と同様に

バルサ流のポゼッションサッカーをするのであれば

パスの出せるCBは必須だし、

バルサスタイルの4番は絶対不可欠だし・・・

そういう意味でハビマルのCB。

4番にチアゴが欲しいってことなのかもしれないねぇ。

本家バルサですら4番の補強にはかなり苦戦しているから

手っ取り早くチアゴを獲得するのが得策なのは間違いない。


と、バイエルンでのチアゴの必要性を

書いたものの、

バイエルン以上にバルサにおけるチアゴの方が

重要だと思うんだけどねぇ。

出場機会を求めて移籍するようだけど・・・

ブスケツ、イニエスタはあと数年は不動だとしても、

シャビは明らかに下り坂だし、

セスクはもう少し前でのプレーを求められているだろうし

ネイマールが入ってきたことで

イニエスタが前線で起用される機会は減るけど

中盤の交代で入るのはまずチアゴだろうし

中盤の選手の不調、負傷なんかあれば

スタメン起用も増えるし・・・

来シーズン、チアゴがレギュラー獲得となる

可能性は大きかったんだけどなぁ。。。


posted by かっちゃん at 22:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

かすみ目にぜひ

もう年なのか・・・

いやいや乱視のせいのはずって自分に言い聞かせつつも

PCの文字が見えづらくなっってきたと感じるアラフォー世代。

で、

「メニューバー」→「表示」→「文字サイズ」と

文字が見難いサイトの時にいちいち文字サイズを変更していたのですが

な・なんと

簡単に文字を大きくする方法があったんですっ!

って、今までもあったんだよね?こんな便利な機能が・・・。

それは、画面の拡大・縮小。

たしかに、Internet Explorerの右下に100%って書いてあるのは

知っていたんですが、今までノータッチ状態。

そこの▼を押すと画面の拡大・縮小が出来ちゃうんです!

って、この操作も面倒くさい。。。

と思っていたら、この拡大・縮小をもっと簡単にできる方法があった!

『Ctrl』+『マウスのスクロールホイールを動かす』

おおっ!!

とっても便利。

単純に画面の拡大・縮小なので

文字だけじゃなくて画像も大きくなるし

こりゃあ、年老いた母親にも教えてあげようっ!

それにしても、知らないがゆえに

無駄な作業をどんだけしているんだろうかと思うと・・・。







posted by かっちゃん at 20:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジャ放出

納得。

残念だけどサンチェスよりかビジャの方が劣化がひどいからね。。。

ビジャってバレンシアの時には左にポジションとってから

中に切れ込んでシュートって言う形が多かっただけに

バルサに入団したときは期待が大きかったんだけどねぇ。。。

何でだろう。。。

アトレティコにいけば1トップか2トップだろうし

バルサのようにあそこまでサイドに限定されることも無いだろうから

以前のビジャの輝きが戻ってくる可能性はあるよね。

でも、年齢も年齢だし・・・

D・コスタの控えってこともあるのか??

ファルカオの穴は埋めきれないだろうし・・・。

来シーズンはアトレティコどうなんだろうか?

期待させておいて大外れってよくあるし

シメオネが上手くまとめてくれると

2強に絡んでリーガが盛り上がるんだけどね。。。


posted by かっちゃん at 20:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

ブラジル最強

仕事中はとにかく情報をシャットアウト。

サッカーが好きそうな人の近くには寄らず・・・

話しかけることなんてあり得ない。

そんな努力の甲斐あって

帰宅後に全くのフレッシュな状態から

ブラジルvsスペインを堪能させていただきました♪

まずは、なぜにトーレス先発という疑問と

あれ?マタだ!という驚き・・・。

ブラジル相手に中盤を制圧できるかどうかが

勝敗を決すると予想していただけに・・・

俺の中では全くあり得ないスタメン。

逆の意味でデル・ボスケ侮れず・・・。

案の定、開始早々からブラジルのハイプレスに

いつものパス回しができないスペイン。

前線どころか中盤でのキープもままならない状態で

あっという間にフレッジのゴール。

守備をサボらないブラジル・・・

そして華麗さとは程遠いフレッジの泥臭いどころか

泥まみれのゴール。

まさにブラジル最強。


今回のセレソンは

1994W杯アメリカ大会のときと印象が被る。

1990W杯イタリア大会トーナメント1回戦でアルゼンチンに敗れたブラジルは

アメリカ大会では組織的な守備を構築し

ロマーリオ、ベベットの強力2トップで得点を奪うスタイルで臨んで

アメリカ大会を制した。

両サイドバックにはジョルジーニョ、レオナルドにカフー、ブランコ、ミューレルがいて

ものすごいオーバーラップがあって個人的には好きだったけど・・・

ブラジル国内では守備的過ぎると批判されたらしい・・・。

確か、大会直前にレギュラーのCBが二人とも怪我して

危機的状況だったんだよね・・・。なつかしい。。。


で、

2010W杯 南アフリカ大会の準々決勝でオランダに敗れたブラジルは

絶対に負けられない自国開催の次回W杯。

またしても堅い守備をベースとしたショートカウンターの

チームを作り上げた。

前線にローマリオのような絶対的な存在が居ないだけに

小粒感は否めないが、堅いことは間違いない。


このスペインとの決勝では

過去に見たことも無いくらいに

しっかり守備をするブラジル代表が居た。

そうなると・・・

ブラジルに死角なし。

ただでさえ、デル・ボスケのあり得ない

スタメン起用で苦しくなった中盤に

とめどなく押し寄せるハイプレス。。。

後半にブラジルは失速するんじゃないかという

期待も空しく・・・3−0完敗。


過去のスペインに戻ったかのような運の無さもあり

予想通りの迷子トーレスは何処?

シャビの衰え、アルベロアの限界、ピケの退場、ラモスのPK失敗

積み上げてきた自信が一気に崩れ落ちたような・・・

ペドロ、シャビ、ビジャのシュート、ラモスのPKと

ゴールになってもおかしくない場面は作った。

でも、今日のブラジルには完全に負けた。。。


一番の敗因はデル・ボスケの選手起用だと思っているけど

ビジャのピークEURO2008を除いて

信頼できるFWの不在も相変わらずの問題。

ラウルを代表から追い出し、その後

スペインの黄金時代が到来したものの

テクニックもあり泥臭くもあるラウル以上に

結果を残し続けたFWが居ないという現実。


ワールドクラスのFWはいつになったら現れるのか。。。


コンフェデで南アフリカに敗れたけど

初のW杯のタイトルを獲得した前回大会のように・・・

今回の敗戦が良い教訓になってくれればいいけれど・・・

あと1年で何らかの変化を加えないと、

日韓大会のフランスやアルゼンチンのように

痛い目を見そうな気がしてならない。。。


posted by かっちゃん at 22:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする