ブログパーツUL5

2013年07月31日

ベイルって

ほぼベイルに関する知識はありません。

ただ、レアルがトッテナムに提示した移籍金が

9300万ユーロって凄いな。

1ユーロ=130円で計算すると・・・

120億円だ。。。

年俸は・・・

トッテナムが提示した条件が800万ポンドだから・・・

1ポンド=150円で計算すると・・・

12億円。。。


移籍が実現すると・・・

レアルは120億円以上出して獲得して

12億円/年×複数年の出費ってことだよね。


カバーニ(26)、6450万ユーロ。

ファルカオ(27?)、6000万ユーロ。

ネイマール(21)、5700万ユーロ。

ハメス・ロドリゲス(22)、4500万ユーロ。

フェルナンジーニョ(28)、4000万ユーロ。

イグアイン(25)、3700万ユーロ。

ゲッツェ(21)、3700万ユーロ。

イスコ(21)、3000万ユーロ。

イジャラメンディ(23)、3000万ユーロ。

ネグレド(27)、2500万ユーロ。

ヘスス・ナバス(27)、2000万ユーロ。

チアゴ・アルカンタラ(22)、2000万ユーロ。

パウリーニョ(25)、1970万ユーロ。

テベス(29)、1200万ユーロ。

ビジャ(31)、210〜510万ユーロ。

セドリック・マブワティ(21)、1ユーロ。

※カッコ内は年齢です。


ベイルは現在24歳。

確かにこの若さにしてはかなりのレベルに達していると思われるが・・・

イスコの3倍以上の価値があるのかといえば・・・

イスコレベルの選手が3人も獲得できると思うと・・・

やっぱりベイルの移籍金が高すぎるとしか・・・


まあ、ペレスの場合、どんだけ高額で獲得したか、

みたいな部分があるよね。。。

フィーゴ、ジダン、ロナウド、カカ、C・ロナウド・・・

まあ、言わずもがな・・・

ロナウド以降、金は使えどタイトルは遠い。。。


一方、サンスが会長だったころは赤字経営で極貧ではあったけど

チャンピオンズも2度獲得してるんだよね。

高額選手獲得=タイトル獲得とはいかないのが

サッカーというもの・・・。

サンス時代のレアルのメンバーが好きで・・・

そこから見続けているだけに

ペレスのやり方は相変わらず好きにはなれないけれど

毎年ビッグネームの獲得という戦略は

開幕前までは楽しませてくれることは間違いない。


posted by かっちゃん at 22:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする