ブログパーツUL5

2013年10月27日

采配の差

レアル、バルサどちらの調子も良いとはいえない状態。

そのせいか、今ひとつ戦前の盛り上がりを感じなかった今回のクラシコ。

でも、スタメン発表と同時に一気にボルテージはマックス。

レアルは、3TOPに

ディ・マリア、ベイル、C・ロナウド。

ついに敢行したベンゼマ外し。

更には、ペペ、ラモス、ヴァランの同時起用。

バルサの中盤に対抗するための

もしかしての3バック?


一方のバルサは、鉄板の中盤+セスク起用。

両翼の片方を捨てたのか?

メッシへのマークがきついことが間違い無い中で

ペドロかアレクシスの裏への飛び出しが無いとなると

バルサの攻撃の手は果たして残っているのか?

などなど、共に予想が難しく、そして期待させる

スターティングメンバー。


で、試合がはじまって

レアルのディフェンスラインは4枚。

ってことは・・・

ペペのピボーテ起用かと思いきや、

ピボーテに入ったのはラモス。

まあ、どちらがピボーテに入るにせよ

アンチェロッティが取った戦術は

ある程度ポゼッションを捨てて

中央のメッシを潰して、ボールを奪い

前線の3人で高速カウンターを繰り出すという

就任1年目だったモウリーニョが採用した

守備的スタイル。



一方のバルサは、セスクが3TOPの中央、

メッシは右サイドでスタート。

最初だけかと思いきや、メッシのポジションは

いつもの中央ではなく、ほぼ右サイドに固定。

多分、マルティーノの狙いは・・・

堅い中央ではなく、ディフェンスの弱点であるマルセロ。

相手のウィークポイントに、自分達の最大の武器をぶつけて

突破するという、あくまでも攻撃的戦術。


このポジション変更がレアルにとっては思わぬ誤算となり

メッシ潰しのために中盤に入ったラモスは自分の

課せられた役割を遂行することも出来ず・・・

かといって、

攻撃においても、有効な活躍は見せられず・・・

結局、不完全燃焼のまま後半途中に交代。

いつもどおりのメンバーで望んでいれば

切る必要の無いカードを使ってしまう。


結果から言えば・・・

好調でもないバルサの攻撃にビビッた

アンチェロッティが、レアルを自滅させたような・・・

一方のマルティーノは、好調ではない攻撃陣ながらも

その攻撃力を最大に活用しようと試みた。

両監督のこの采配の差が、結果にも現れたのではないかと思う。

レアルが今まで通りイジャラを中央に

ベンゼマかモラタをCFで使っていれば

もう少し良い攻撃の形を見せられたのではないかと思う。。。


それにしても、ベンゼマは

あの一発が決まっていれば・・・

試合の流れを変えるだけでなく

自身への批判も黙らせることが出来たのにね。。。


posted by かっちゃん at 23:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

モイーズ批判はとまらない

香川を使わない。

選手交代が上手くない。

マンUらしからぬ試合運び。

とにかく結果が付いてこない。

そりゃあ、批判も凄いでしょう。

日本国内ではとにかく酷い。

地元ではどうなんだろう。

日本でもよく見かけるのは

ファーガソンの後だから

もっと長い目で見てあげる必要がある的なコメント。

ファーガソンが長期政権だったからこういう意見が出て来るんだろうけど

長期政権のあとだから、モイーズにも長い目でって

よくよく考えるとおかしいよね。

マンチェスター・ユナイテッドにとって

確かにファーガソンの存在は無くてはならないものだったけど

プレミアリーグになってからの20数年の間で12回も優勝を誇る

ビッグクラブだってことを忘れていないですか?

ファーガソンの就任した1986年のユナイテッドは

66-67シーズンの優勝から遠ざかること20年。

常に優勝争いをしている今のユナイテッドとは大違い。

それなのに、ファーガソンだって就任して3年間は無冠だったから

モイーズだって最初の数年は仕方が無いと言い切れますか?

本当にファンは我慢できるのだろうか?

まあ、別に俺はユナイテッドファンじゃないけど・・・

毎年リーグ優勝を争っているビッグクラブといわれる

クラブのサポーターが数年間も

タイトルなしでも、仕方ないと思えるんでしょうか?

ましてや、リーグ戦の序盤とはいえ

タイトルを争える順位にも居ないって・・・

問題外だと思うけど。


3冠を達成したバイエルンを見ると・・・

ハインケスの後を引き継いだペップは、きっと就任1年目から

何らかのタイトルを獲得しないと叩かれるのは必死でしょ!?

でも、ハインケスが就任した1年目、2011-2012シーズンは、

全てのコンペティションで準優勝におわり、結果はタイトル無し。

ペップにも1年間の猶予があってもいいじゃないか?

とは、やっぱりバイエルンサポーターは見ないでしょ!


ペップが去った後、バルサを率いたビラノバは

リーグ優勝したにもかかわらず、チャンピオンズでバイエルンに大敗し

バルサの終焉、サイクルが終わった

なんてことも言われてましたよね。。。

リーグ優勝、国王杯ベスト4、CLベスト4という

結果では駄目だったわけですよ。

ペップのラストシーズンは、国王杯しかタイトルを獲得していないのにね。。。


今のままではユナイテッドは、チャンピオンズの出場権を逃し・・・

収入源が減るだけでなく、

試合数が減ることで余剰人員も出てくるだろうし

選手放出は免れない事態にもなってしまう。

ファーガソンが長い年月を掛けて作り上げたユナイテッドという

ビッグクラブが、モイーズによって数年間で崩壊するかもしれない。。。
posted by かっちゃん at 22:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

毎年恒例?

東京は一気に夏から冬へ。

って、かなり大げさですが、とにかく急に寒くなりました。

で、寒くなると気になるのは乾燥肌。

俺は既に、わき腹あたりとか・・・痒くなり始めています。

で、毎年の如くお世話になっているのは

ジョンソン・エンド・ジョンソン ニュートロジーナ ボディエマルジョン!



1シーズン使うなら大きいサイズの310gがお勧めっ!

俺の場合は脚、胴、腕・・・ほぼ全身に

10月〜4,5月くらいの使用期間で

310gを1.5〜2本くらい使う感じですね。

これまた毎年恒例ながら

使ったことがない人には是非使ってみて欲しい。っと宣伝。

保湿力は言うまでもなく抜群なうえに

肌が弱く、蕁麻疹が出やすい体質の俺でも問題なし。

※.お肌に異常が出た場合は、ご使用をおやめください。。。


っと、今年はボディクリームだけでなくリップクリームも出てるっ!

前からあったのかな??

ニュートロジーナ リップモイスチャライザー



いつも100円のリップクリームを使用しているけど

今年はこれにしてみようと思います。

ちなみに使っていませんがハンドクリームもありますよ。
posted by かっちゃん at 22:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

プレーオフが熱い

ブラジルW杯 欧州プレーオフ

ポット1:クロアチア、ポルトガル、ギリシャ、ウクライナ

ポット2:フランス、スウェーデン、ルーマニア、アイスランド

これってFIFAランキングですかね?

っと、FIFAランキングを調べてみますか。。。

ポルトガル(14位)

ギリシャ(15位)

クロアチア(18位)

ウクライナ(20位)

フランス(21位)

スウェーデン(25位)

ルーマニア(29位)

アイスランド(46位)


ポット2に入ったフランス、スウェーデン、ルーマニアあたりは

十分にポット1のチームに勝つ力はありますね。

まあ、相性もあるけど・・・


かつてのスペインもよくプレーオフに回って・・・

ノルウェーとかデカイから、セットプレーのたびに

ヒヤヒヤしながら観戦したのを思い出しますね。。。


確実に本大会のグループリーグよりも、

プレーオフの方が緊張感があるんだよね。

ポルトガルvsフランスなんて

W杯のベスト8や準決勝の組み合わせでもおかしくないし

クロアチアだってねぇ。


北中米もメキシコが

南米もウルグアイがプレーオフ。

とにかく、各大陸で熱いプレーオフになりそうですね。

本大会が盛り上がるためには

順当に強豪国が勝ちあがってきて欲しいものだけど・・・

どの大会も、

常連国でも2,3カ国はどこかしら不出場なんだよね。。。

さてさて、どうなることやら。


posted by かっちゃん at 22:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

誰に点を取らせるか?

セルビア、ベラルーシと立て続けに

無失点のまま負けてしまった日本代表。

ザックへの批判、選手個人への批判など

様々だけど

結局のところ相変わらずの得点力、決定力不足

というところに落ち着く感じ。

日本代表に

ファン・ペルシが居れば・・・

ファルカオが居れば・・・

スアレスが居れば・・・

C・ロナウドが居れば・・・

レヴァンドフスキが居れば・・・

って、ついつい思ってしまうけど

スアレスの居るウルグアイはプレーオフ。

C・ロナウドのいるポルトガルはプレーオフ。

レヴァンドフスキが居るポーランドは予選敗退。

と、強力なFWがいたとしても、結果がついてくるわけじゃない。

残念なことに日本にはこんな強力なFWは居ない。

だからこそ、よりFWを活かすプレーが必要だし

強力でないゆえに、それを粘り強く繰り返す必要があるんじゃないかと。

確かに、中盤の選手達の得点力は高いかもしれない。

でも、それは他のMFと比較しての得点力であって

FWと比較したものではない。

Jリーグの得点ランキングでベスト3までに入ったことがある

中盤の日本人選手は思いつかない。

実際、殆ど居ないんだと思う。

FWの選手達は、少なからず日本国内においては

得点力があるからFWというポジションを任されているわけで

その選手達を活かす戦術なりシステムをまず考えるべきじゃないか?

と、素人ながらに思う。

その延長線上にFWが相手DFを引き付けて

MFの選手が前線に飛び出したりというオプションが効果的だったりするわけで・・・。

極論、今の日本のサッカーって、

FWは囮であってシュートはしません。

あくまでMFの選手がメインです。的なことが

無意識的に行われているような気がしてならない。

得点力をアップさせるために

まずは、得点の可能性が一番高いFW選手を活かす

ことを第一に考えてみてはどうだろうかと。。。


タグ:FW 得点力
posted by かっちゃん at 23:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする