ブログパーツUL5

2013年10月07日

レアルとバルサ

リーガ8節を終わって両雄明暗が分かれた感じ。

バルサは度重なるメッシの負傷にもかかわらず

CL、リーガとこなし

メッシの代わりとしてネイマールが使えそうなことが分かってきた。

しかも、昨シーズンと違って

ペドロ、A・サンチェスにゴールを期待できる。

開幕前から不安のあったCBでは

マスチェラーノが負傷し、かなり心配していたバルトラ起用。

が、意外にも今期は落ち着きがあり

シーズン中に大きく成長しそうな予感すらある。

唯一のマイナス要素はイニエスタが今ひとつ不調があがってこないのと、

相変わらずのソングといったところか。

それでも開幕8連勝。

プジョルが復帰して、メッシをはじめ負傷者が戻ってくれば

更に安定感が増すことは間違いなしっ!


で、問題なのはレアルですね。。。

CLではディ・マリアの大活躍に興奮したけど・・・

ディ・マリアがどんなに活躍しようとも

ファンがどんなにディ・マリアを支持しようとも

ベイルが復帰すれば、残念なことにディ・マリアを

出し続けるわけにもいかないことが簡単に想像できる。

週末のリーガはレバンテに大逆転でポジティブな印象を与えるけど

不安材料の方が目についてしまう。。。

まず、CF。

途中出場のヘセ、そしてモラタが結果を残した。

ベンゼマの立場がますます危うい。

心なしか、ベンゼマの顔がモウリーニョ就任当時の

自信なさげな表情に見えてきてしまう。。。

本来、競争がある事は良い事だけど、

レアルに限ってはとにかく回りが騒ぎすぎる。

これから、ベンゼマがスタメン出場で結果を残せなかった場合、

ますますモラタのスタメン起用を望む声と

ベンゼマへのブーイングが大きくなりそう。

かといって、ゆっくりモラタの成長を待てるほど

今のレアルに余裕はないし・・・。


そして、もうひとつ危うくなりそうなのはコエントラン。

後半、コエントランに代わってマルセロが入ってから

一気に攻撃のリズムが出てきた。

レバンテに追加点を奪われたものの

イスコが活躍できないときには尚更

攻撃におけるマルセロの存在は不可欠。

ローテーションといえども

コエントランが出場したときには

ファンの目は厳しくなる可能性大。


そして、なにより、

一番の問題はチームとしての連動性の乏しさ。

攻撃の形が見えないばかりか、

昨シーズンまでの高速カウンターも見られない。。。


今後、

アンチェロッティはベストな布陣を見つけれるのか?

イスコが安定した活躍ができるようになるのか?

GK問題は解決するのか?

シャビ・アロンソの復帰ですべてが解決されるのか?

ベンゼマの復調はあるのか?

モラタ、ヘセの覚醒はあるのか?

カルバハル、イジャラはチーム力を底上げする存在になれるのか?

などなど・・・

問題、課題山積で今シーズンのレアルは一体どうなってしまうんでしょうか?


posted by かっちゃん at 21:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする