ブログパーツUL5

2013年10月16日

誰に点を取らせるか?

セルビア、ベラルーシと立て続けに

無失点のまま負けてしまった日本代表。

ザックへの批判、選手個人への批判など

様々だけど

結局のところ相変わらずの得点力、決定力不足

というところに落ち着く感じ。

日本代表に

ファン・ペルシが居れば・・・

ファルカオが居れば・・・

スアレスが居れば・・・

C・ロナウドが居れば・・・

レヴァンドフスキが居れば・・・

って、ついつい思ってしまうけど

スアレスの居るウルグアイはプレーオフ。

C・ロナウドのいるポルトガルはプレーオフ。

レヴァンドフスキが居るポーランドは予選敗退。

と、強力なFWがいたとしても、結果がついてくるわけじゃない。

残念なことに日本にはこんな強力なFWは居ない。

だからこそ、よりFWを活かすプレーが必要だし

強力でないゆえに、それを粘り強く繰り返す必要があるんじゃないかと。

確かに、中盤の選手達の得点力は高いかもしれない。

でも、それは他のMFと比較しての得点力であって

FWと比較したものではない。

Jリーグの得点ランキングでベスト3までに入ったことがある

中盤の日本人選手は思いつかない。

実際、殆ど居ないんだと思う。

FWの選手達は、少なからず日本国内においては

得点力があるからFWというポジションを任されているわけで

その選手達を活かす戦術なりシステムをまず考えるべきじゃないか?

と、素人ながらに思う。

その延長線上にFWが相手DFを引き付けて

MFの選手が前線に飛び出したりというオプションが効果的だったりするわけで・・・。

極論、今の日本のサッカーって、

FWは囮であってシュートはしません。

あくまでMFの選手がメインです。的なことが

無意識的に行われているような気がしてならない。

得点力をアップさせるために

まずは、得点の可能性が一番高いFW選手を活かす

ことを第一に考えてみてはどうだろうかと。。。


タグ:FW 得点力
posted by かっちゃん at 23:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする