ブログパーツUL5

2014年07月14日

ドイツ24年ぶりチャンピオン

ドイツですら24年ぶり。

ああ、スペインの次のタイトルはいつになることやら。。。

っと、今はスペインのことは置いといて・・・

素直にドイツおめでとう!

それにしても、アルゼンチンもかなり善戦しましたね。

前半ラベッシが居る時間帯には

結構、ドイツのDF陣もてこずっていたように感じたけど・・・

後半に入ると何故かラベッシは交代でした。

イグアインにも絶好のチャンスがあったんだけど・・・

と、決定的なチャンスの数ではドイツを上回っていたんじゃない!?

でもまあ大会通じてのパファーマンスをみると

ドイツ優勝は納得いく結果。

ユーロ2008で予想外にも好成績を残してから

有望な若手が次から次へと・・・

W杯2010、ユーロ2012では

完全なる優勝候補でありながら

取りこぼしていたから・・・

レーブにとっては本当にうれしいタイトル。

今回タイトルを逃していたら、

これだけのタレントを揃えておいて・・・

なんて感じで、レーブ批判が出ていたと思う。

それだけの面子が今のドイツには揃っているんだよね。

ただ、次のユーロは間違いなく優勝候補ではあるけど

次のW杯まではやはり難しいかもしれない。

クローゼは当然として・・・

ラーム、シュバインシュタイガー、ケディラ

あたりが居なくなる。

技術的には同等の選手が出てくる可能性もあるが

ラーム、シュバインシュタイガーがチームに

与える影響は今大会でも大きかったと思う。

そして、ドイツ代表でアンタッチャブルな存在である

エジルの今後が非常に気がかり。

今大会では、期待したほどの活躍はなかった。

前回大会ではエジルこそドイツサッカーの象徴のように感じたけど

今大会の印象は一人だけ取り残されたような・・・

少しだけど明らかにズレを感じる。

これからもアンタッチャブルな存在として扱ってしまうと

チームの癌になる可能性を孕んでいる気がする。

クラブでどんなに活躍しても、代表チームでフィットしなければ

エジルといえどもベンチもしくは召集しないという

決断を今後の監督が出来るのかどうか!?

まあ、取り越し苦労で

今回はたまたまフィットしていなかっただけなのかどうか??

それでも、ドイツの未来は他のナショナルチームに比べれば

全くもって明るいですね。


話は変わってメッシのMVP受賞がいろいろと世間をにぎわしていますね。。。

メッシの実力からして

確かに本来の力を全て見せてくれたという活躍は無かった。

ロッベン、ハメス、ミュラー、マスチェラーノ、メデル

K・ナバス、ノイアーあたりのほうが印象には残った。

まあ、メッシが活躍して無いとは言わないけれど・・・

ちょっと選考基準が怪しかったね。。。
続きを読む
posted by かっちゃん at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする