ブログパーツUL5

2010年07月08日

無敵艦隊スペインの前にドイツ沈黙

いやった〜!

やったぜ〜〜!!

スペイン、ドイツを1-0で破って決勝進出。

やっぱりスペインは強いっ!

少し・・・いや、だいぶ疑っていた自分がなんとも情けない。

トーレス外してペドロのスタメンがハマりましたよ〜。

今大会、途中交代で入ってきたペドロは・・・

いまいち、チームにフィットしていないというか・・・

自分の持ち味を出せていない気がしてたんだけど・・・

このドイツ戦では大活躍でした。

豊富な運動量で、守備にも貢献。

攻撃の時には、右に左に・・・いろいろな場所で顔を出して・・・

ドイツDFには捕まえ難かったんじゃないかな?

試合前、一番心配だったのはピケ・・・

国歌が流れている時から・・・妙に表情が硬い・・・

ピッチに入ってからの表情も・・・硬い。

でも、ドイツ攻撃陣を完全にシャットアウト。

そして頼れる男、プジョル。

前半にも惜しいヘディングがあったんだけど・・・バーの上。

得点となるCKはピケと競り合いながら?

ドンピシャ!!

遠くから走りこんでのヘッド炸裂!!

あの高いドイツDF陣でも防げない、速さ、そして勇気。

まさに闘神プジョル。

とにかく、チームとして完璧な内容のスペイン。

ドイツに何もさせないディフェンスそしてパスワーク。

まさに、無敵艦隊。

なんとなく今までは皮肉まじりの”無敵艦隊”という形容詞も

本当の意味での”無敵艦隊”になった感じ。


一方、負けたドイツは悔しいだろうなぁ〜

今までの勢い、そしてチームの力を

全く発揮できなかった。。。

何やっていたんだろう・・・って。

前半開始からプレスをガンガン掛けて、

勢いで押しきっちゃう方法もあったんだろうけど・・・

入り方は、とにかく慎重に・・・が、そのまま90分。

ミュラーの欠場は痛かったのかな?

監督の選手交代も微妙な感じはあったけど・・・

結局、攻撃の切り札、流れを変えられる選手が

ドイツのベンチには居なかった気がする。

選手層の薄さが、スペインに敗れた理由のひとつかな。


スペインはトーレスをベンチに置いたことで

失点してから・・・ドイツが前掛りになったところで

ビジャと交代させるという・・・効果的な選手交代だったし・・・。

ペドロに変わって入ったシルバも守備をこなし・・・

時間稼ぎ&守備固めのマルテェナ投入も・・・

監督の選手起用、交代、ベンチ要員も含め

総合力でスペインが勝利にふさわしかったゲームだと思う。


3位決定戦は置いといて

あ〜。あとは決勝のみ・・・

オランダ、スペインどちらが勝っても初優勝。

そして、南半球で開かれるワールドカップで

ヨーロッパのチームの初優勝。

とにかく、歴史的な瞬間です。

願わくば・・・カシージャスが優勝トロフィーを掲げるトコが見たい・・・。


posted by かっちゃん at 15:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010 W杯 南アフリカ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック