ブログパーツUL5

2012年07月04日

大会MVPはイニエスタ

俺が勝手にMVPをスペインの中から選ぶとすれば・・・

記録的には2ゴール、3アシストでシルバ。

決勝でのインパクトではシャビ。

大会通じての安定感で言えば、カシージャスとラモス。
※.1ピボーテも見たかったのでアロンソ、ブスケツは選出せず。。。

一気に注目された選手と言えば、J・アルバ。

なんだかんだで鍵となった選手と言えば、セスク。

グループリーグからの活躍と華やかさで言えばイニエスタ。

で、結局、イニエスタかな。

初戦のイタリア戦や3戦目のクロアチア戦では、

イニエスタを5、6人で抑えにいく画像なんかが

ネット上では話題になったてたし・・・

特にイタリア守備陣のポーズが・・・●●戦隊みたいな感じで・・・笑える。

↓これ
イニエスタ-イタリア戦.jpg イニエスタ-クロアチア戦.jpg


逆に期待はずれのMVPは・・・

一応得点王のトーレスをはじめ・・・ネグレド、ナバスあたりが候補で・・・

期待が大きすぎるのでしょうか?

毎度期待を裏切られるトーレスで確定!


出場なし、または、少なくて残念だったのは・・・

カソルラ、マタ、ファンフラン、ジョレンテ。

トーレスを外してでも、ジョレンテを1度は使ってみても良かったと思うけどねぇ。

本大会でジョレンテを試すことなく、0トップなんて選択肢があったのが・・・

デル・ボスケの腹黒さが窺える。。。


話は変わって

連覇達成でスペインの時代が続くみたいに騒がれているけど・・・

俺の予想では・・・

数年後、現在絶対的な存在であるシャビとアロンソが抜ける中盤は全く心配していない。

中盤とサイドアタッカー限定で

現代表と思いつく若手有望株を並べると・・・

シャビ・エルナンデス:1980年1月25日(32歳)
シャビ・アロンソ:1981年11月25日(30歳)
アンドレス・イニエスタ:1984年5月11日(28歳)
サンティ・カソルラ:1984年12月13日(27歳)
ダビド・シルバ:1986年1月8日(26歳)
ヘスス・ナバス:1985年11月21日(26歳)
ベニャト・エチェベリア:1987年2月19日(25歳)
セスク・ファブレガス:1987年5月4日(25歳)
ペドロ・ロドリゲス:1987年7月28日(24歳)
ファン・マタ:1988年4月28日(24歳)
セルジ・ブスケツ:1988年7月16日(23歳)
ハビ・マルティネス:1988年9月2日(23歳)
アンデル・エレーラ:1989年8月14日(22歳)
ボージャン・クルキッチ:1990年8月28日(21歳)
チアゴ・アルカンタラ:1991年4月11日(21歳)
イサーク・クエンカ:1991年4月27日(21歳)
イスコ(フランシスコ・アラルコン):1992年4月21日(20歳)
クリスティアン・テージョ:1991年8月11日(20歳)
イケル・ムニアイン:1992年12月19日(19歳)

恐ろしいほどにいっぱい居る。。。

問題は他のポジションだよね、やっぱり。

絶対的なCFは育たなくても

今回のような0トップで切り抜けられるとして・・・

ディフェンスラインの人材が育つかどうかが鍵ですね。

左SBはカプデビラのあとJ・アルバまではスッカスカだったしね。。。

右SBとCBも微妙。

2014W杯までに新たな若手DFがひとりでも育つかどうか・・・。

スペインの未来は若手DFに掛かってる。

勝ち続けるって・・・大変なことです。
posted by かっちゃん at 00:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 ポーランド・ウクライナ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278771661
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック