ブログパーツUL5

2013年06月17日

スペインvsウルグアイ

スペインの初戦。

相手は、カバーニそしてスアレスという

強力な2トップを擁するウルグアイ。

でしたが、まずは無事勝利。

最近、スペクタクルに欠ける・・・

攻撃の意思が希薄なパスサッカーで

試合を無事クローズ。

ペドロのボレーがルガーノのクリアミスを誘って先制。

追加点は、ややスピード不足のカウンター。

最後はセスクのスルーパスからのソルダド(NHK風)。

ソルダードはもう少しファウルを誘うプレーはせずに

強引にシュートする姿勢を見せて欲しかったけど・・・

それにしても、豪華なベンチメンバーを擁しながら

カソルラ、J・マルティネス、マタと交代したものの

バルサメンバーが減るごとにぎこちなくなるリズム。

いい加減、他のメンバーも機能させてくれないかな?

もうデルボスケも限界だよね。

EURO2012でも勝っちゃったから・・・

首切ることも出来ないし・・・

ほぼ使割れることのないトーレスの代わりに

若い選手でも入れてくれればスムーズな世代交代も出来るというのに。。。

今のチームでは活きそうに無いヘスス・ナバスあたりもねぇ・・・。

あとはCBのバックアッパーがアルビオルというのも

他に居るだろって・・・。

EURO2008を制したときの輝きはいったい何処へ。。。


posted by かっちゃん at 22:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック