ブログパーツUL5

2013年06月20日

負けは負け

コンフェデレーションズカップ 2戦目

日本vsイタリア。


なんで?

2点先行して引き分けすら出来ないって。。。

内容的には十分にイタリアを本気にさせ

驚かすことは出来た。

実際試合後のイタリアの選手のコメント見ると

ブッフォンにしろデ・ロッシにしろキエッリーニ、バルザーリにしろ

日本の戦いぶりを賞賛しているけど・・・

こんなコメントを見て喜んでいるわけにはいかない。

こんなコメントをいえるのも

イタリアが勝利したから。

日本の最初のPKは審判の誤審だった

なんて、負け犬の遠吠えでも吐かせるくらい・・・

そんな結果でなければいけなかった。

日本のパスは予想以上によく回っていたし

惜しいチャンスもいくつか作った。

実際イタリア相手に3点も決めて見せた。

だけど・・・4失点。

すべてが甘い。

1失点目のCKはデ・ロッシに完全に競り負けているし

2失点目はウッチーが非難されているけど

ウッチーが触らなくても、イタリアの選手がゴール前にいたし・・・

その前に対応した吉田のミスでしょう。

3失点目は長谷部のハンド。これは日本の最初のPKとの帳尻あわせ?

4失点目は今野のクリアミスだけじゃなくて

遠藤の軽い守備、そして長友の気の緩みからスルーパスを通されてる。。。

ようやく同点になったことで甘さが出た感じが・・・

一方イタリアは最後まで勝ちにこだわった。

その違いがこの結果だったんじゃないかな??

内容悪くて結果だけというのもあれだけど

内容良くて結果がついてこないのも

モヤモヤしますなぁ〜。。。

監督の采配以前に勝たなくてはいけない試合でしたね。


posted by かっちゃん at 22:41 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366986536
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック