ブログパーツUL5

2013年07月22日

ティト・ビラノバ退任

本当に寝耳に水です。

バルサにとっては非常に打撃が大きい。

このタイミングで新たな監督を探さなくちゃいけないなんて・・・。

ルイス・エンリケとかヘラルド・マルティーノが有力らしいけど・・・

クレの心情的には断然ルイス・エンリケだろうね。

でも、ルイス・エンリケはセルタに就任したばかりだし・・・

ヘラルド・マルティーノってのは、はっきりいって知らん。。。

一体全体、誰に決まることやら。


バルサOBから選ぶとすると・・・

クーマン?

いやいや。バレンシア崩壊の印象が強すぎる。。。

フランク・デ・ブールはアヤックスだし。。。

コクーもPSV監督に就任してる。。。

シュスターはマラガ就任。

ラウドルップは・・・スウォンジ・シティってとこらしい。

ストイチコフは・・・CSKAソフィアってとこみたい。


エウセビオはバルサBの監督だから可能性はあるかな。

でも、バリャドリード時代の城彰二に入れ知恵して

スペイン語でオカマ発言させたのはこの人だったっけ。

明らかに、知将タイプではないよねぇ。。。

でも、かなりのモチベーターである可能性はある??


ハジあたりはどうよ!?

指導者としては微妙だけど・・・

俺的にはだいぶテンションは上がるんだけどねぇ。


無難なところでは、カルロス・レシャックか?


まさかのクライフってのはどう!?


さらにまさかまさかのマラドーナとか・・・。


ん〜冗談にもならない。。。


って、本当にこれからまともな監督捕まるのかな??


タグ:バルサ
posted by かっちゃん at 21:21 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369981318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック