ブログパーツUL5

2014年06月28日

グループリーグ終了

いやー今大会はまさに

ヨーロッパ勢は南米大会では優勝できないという

ジンクスどおりのグループリーグの結果となってしまいましたね。

スペイン、イタリア、ポルトガル、クロアチア、ロシアと

グループリーグ突破を予想していた国がこれほどまでに

苦戦を強いられてしまうとは・・・。

でもまあ想定内といえば想定内。


グループリーグが終わって・・・

うれしい驚きを与えてくれた国は

一番にコスタリカ。

守備の堅さ、そして常に縦に速い攻撃を意識したダイレクトパス。

決して個人の能力としては高くないんだろうけど、

W杯のような大会ではこの鋭さに特化したような攻撃が

相手に脅威を与えるのに非常に有効。

日本もパスをつなぐことだけじゃなく

もっと裏を意識した速い攻撃も必要って

簡単には書けるけど・・・

アジア予選でのドン引き相手の時と

世界レベルの強豪国との試合は全く別物ってところが

なかなか難しいところではあるんだよね。。。

そして、自分でも予想していたけど

アルジェリアのグループリーグ突破。

本当に突破しちゃったという感じが強い。


次に印象に残った衝撃シーンは・・・

1.ムンタリのパンツ。

 ウケ狙いなのか?それとも大真面目に

 ヒートシンク効果を考えてたのか?

 とにかく気付かなかったというレベルのパンツの露出では無いのは明らか。

2.ナイジェリア-アルゼンチン戦で起こった

 味方選手のシュートがあたっての骨折。。。
 
 (リプレイ見ても血の気が引く。。。)

3.スアレスの噛み付き?(映像では微妙だけど・・・)

 賛否両論あるようですが・・・

 それでもバルサは獲得するんでしょうかねぇ。。。


明日早朝からはもうトーナメントが始まるけど

ここまで来ると更なる波乱を期待したくなる。

まずは、ブラジルまさかの敗退とかね。。。

チリはメデルをCBに起用したりと

かなり大胆な布陣で臨んでいたけど

全体の運動量やアジリティに優れたチームだけに

ブラジルもかなりてこずる可能性大。

コロンビアとウルグアイの試合は

はっきり言ってどちらが勝ってもおかしくない。

予想が非常に難しい。

ただ、どちらもエースが居ないのが残念。


posted by かっちゃん at 23:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック