ブログパーツUL5

2014年07月07日

ベスト4が出揃った!

準々決勝の4試合では番狂わせは無し。

フランスvsドイツは

思いのほかフランスが善戦した印象。

今後の伸び代に期待がもてるものの

やはり強力なFWが欲しい。。。

ベンゼマは確かに上手いけど・・・器用すぎるか。

もっと泥臭いモロ9番タイプとコンビを組めば

強力な2トップになるんだろうけど。。。

ただ、ここまでのフランスは比較的対戦相手にも

恵まれていた感もあり、今度のユーロでどうなるかで

本当に復調したのかどうかが分かるかな!?


ブラジルvsコロンビアは

試合後には審判の判定、ネイマールの背骨骨折、チアゴ・シウバのイエロー取り消し要求と

なんだかゴタゴタしてますね。

審判の判定は毎度のこととして

試合だけを見るとやっぱりブラジルが勝者であることに間違いない。

J・ロドリゲスはすばらしい活躍をしたけど

今後の成長はどうでしょうか?

レアル移籍なんて噂もあるけど・・・

前回大会でブレイクしたエジルと同じで

W杯のインパクトが強すぎると

見る目が厳しくなっちゃっうんだよね。

ブラジルにとっては次の準決勝のドイツ戦が

最大の難関だろうね。


アルゼンチンvsベルギーは

どっちも微妙だね。

お互いここまで対戦相手に恵まれていただけに

本当に強いのかどうか。。。

アルゼンチンはやっぱり守備組織に穴があるし

ベルギーはここまで来たのだから前評判どおりといえば

そうなんだけど・・・

やっているサッカーはそれほど面白くない。

ブルイネは良い印象だったけど・・・

アザールは全くもって期待はずれ。

自らメッシと比較するには・・・ねぇ。

本物のワールドクラスは

今のところコンパニとクルトゥワのみだったね。

本田じゃないけど、ここから個の成長次第で

フェライニの高さに頼った攻撃なんて詰まらんことを

しなくても良いチームになったとき本当に強くなっているかもね。


オランダvsコスタリカは

コスタリカの番狂わせが見たかったねぇ。

ケイラー・ナバスはリーガでお馴染みだったけど

印象に残った選手は

キャンベル、ボラニョスそしてブライアン・ルイス。

ブライアン・ルイスは彫りの深さ、線の細さ、テクニカルな動きが

イスラエルのベナユンっぽい。かなり好きなタイプの選手。

まあ、チャンスの回数は多くは作れなかったけど

オランダを焦らせるだけの鋭い攻撃もあったし・・・

PKになったときには、もしかして・・・なんて予感もあったけど

賛否両論のGKを交代したオランダが見事に勝利。

あれで負けていたら、シレッセンの怒りと悲しみは計り知れなかったな・・・。

オランダは結局のところ、ロッベン、ファン・ペルシが決めないと

苦戦を強いられる。。。

たまたまスナイデルが好調だったから、ここまでこれたけど・・・


と、ベスト4が出揃ったものの

本当に強い4チームが残ったのかは微妙。

というか、各国の力が拮抗しているともいえるけど

完璧に強さを見せ付けてきたチームも存在しない。

個人的には

このW杯でのベストチームはチリかな。。。

あとは、メキシコ。

ベラが居たらもっと面白いサッカーを見せてくれたんだろうねぇ。


準決勝はブラジルvsドイツ、アルゼンチンvsオランダ。

南米vs欧州。

南米でのW杯では欧州勢は本当に優勝できないのか?

はたまた、このジンクスが打ち破られるのか?

俺の予想では

ドイツとオランダが決勝に駒を進めそうな気がするけど・・・

はたして、どうなる事やら。。。


posted by かっちゃん at 22:12 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック