ブログパーツUL5

2014年07月08日

へそ曲がりすぎ

ブラジルvsドイツの世間の戦前の予想は

俺と同じくドイツ優勢ですね。

少数派ブラジル押しの内訳は

根っからの南米信者かネイマール好きのミーハーファンだろう。

ミーハーな日本人は嫌いだけど・・・

残念ながら、弱者の応援をしたくなる日本人でもある。

って事で、ドイツが負けるシナリオをいくつか。。。

1.意外な布陣。

チアゴ・シウバの代役はダンテ。

ネイマールの代役はウィリアンorベルナルジ。

と、言う予想だけど・・・

それは、今までどおりの4−2−3−1で考えた場合。

フェリポンがフォーメーションをいじってくる可能性もある。

まず、ドイツのDF陣を相手にトップに入っているフレッジが通用するのか?

高さと強さが売りのドイツDF陣に対しては、もっとスピードのある選手で

勝負したほうが良いと考えるのではないか?

”時には美しい方法ではないかもしれないが、我々は前進している”

フェリポンのこの言葉が引っかかる。

美しい方法でないというのは

すなわち守備を固めてのカウンター狙いではないか!?

しかも、ダンテをチアゴ・シウバの代わりに入れるだけでなく

エンリケも入れての5バックではないかと。

守備時5−3−2、攻撃時3−5−2。

チームで勝ちに行くとなれば・・・

今まで出場の無かったマックスウェルを左SBとして

マルセロをひとつあげることで、守備を強化。

右はマイコンとD・アウベス?

そこまではしないだろうけど・・・

いつものボランチ二人で

前線はオスカルとフッキ。

5バックとすることで、D・ルイスのオーバーラップも

仕掛けやすくなりそうだけど・・・

奇をてらった布陣でドイツは崩れないかな??


2.ドイツチーム内にインフルエンザ再び。

これは何気に可能性がある。

無理をして出場したフランス戦の影響で

コンディションがボロボロなんてこともね。


3.ドイツ守護神ノイアーのポカ。

可能性から言えば、これが一番高い。

守備範囲の広いノイアーが飛び出しすぎで・・・

ロングループシュートであっさり。

または、明らかな判断ミスで入れ違い。

ゴールラインまでドリブルされて

最後はヒールでシュート。

今世間から絶賛されているだけに

やらかしちゃうって事もあると思う。


4.スタジアムの空気にのまれて審判が完全にブラジルより。

これは、ある程度は起こると思う。

なにせ、審判も人間だからね。

ブラジルに不利になる判定をしたら

生きて帰れなくなるかもしれないし・・・。

まあ、誤審は許すけど得点に絡まないシーンだけに

留めてほしいものだけど・・・。


と、ブラジル勝利も結構な確立であるような気もしてきた。

本命といわれて続けて、負けてきたここ最近のドイツだもんね。
posted by かっちゃん at 22:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック