ブログパーツUL5

2014年09月02日

動きすぎ

レアルが2節目にしてもう黒星。

しかも2点を先行していながら、逆転されてのショッキングな敗戦。

そんな衝撃的な試合の後だって言うのに・・・

ってか、リアルタイムで2節を見ることが出来ずに

数日間サッカー情報を一切遮断していた俺が悪いとも言うが・・・

ディ・マリア、シャビ・アロンソの移籍だけでも

こっちは手一杯だというのに・・・

香川、チチャリート、ファルカオ、ウェルベック、サビオラ、F・トーレス、ネグレド・・・

その他誰よ〜?

移籍期限ギリギリで数選手が動くのは毎年のことだけど

これだけのビッグネームがこれだけ動くのも珍しい。。。


仕事と一緒でひとつずつ片付けていかないとね。

まずは、レアル絡みから

ディ・マリアどうよ!?

って、アノエタでの敗戦で既に言われてる。

中盤をドリブルでアクセントをつけられる選手が居ないって。。。

そして、X・アロンソが抜けてバイタルにぽっかり

穴が空いちゃっているって。。。

誰もが予想できる結果。

昨シーズンの非常に重要な存在だった

二人を放出しちゃった。。。

でも、スタメンの中で放出しても問題ない二人を選ぶとすると・・・

GKのD・ロペスは既に居ないから除外するとして

1番は右SBのカルバハルか?

その他は・・・ヴァランが居るとはいえペペが抜けるのも痛いし。

本当に代えの効かない選手ばっかり。

CL連覇するためには、どんなに強いチームであれ

絶対的に変化が必要だと考えると

スタメンのうち二人くらいは入れ替えないと。

そこで、年齢を考えるとX・アロンソの放出は納得がいくし

ディ・マリアは非常に高額で売ることが出来た。

まあ、世間は二人を残した上での+αを考えているんだろうけど

ベンチをいくら変えても変化はそれほど大きくならないよね。。。

っと、ディ・マリアの放出は大反対だったけど

自分の中では強引だけど納得することにした。

これでCL連覇できなかったら、やっぱりって

大爆発しちゃうかもしれないけどね。。。

そして、最後にやってきたチチャリート。

最初はベンゼマの控えという扱いだろうけど

ベンゼマとは明らかにタイプが違うから

アンチェロッティにとっては攻撃のオプションが

間違いなくひとつ増えたよね。

ベンゼマを引っ込めると、ロナウドとベイルの2トップに変更って

パターンが多かったけど、3トップのまま行くことも可能になった。

2トップになってもディ・マリアが居れば

サイドからの攻撃が極端に減ることは無かったけど

サイド攻撃だけを考えてもチチャの獲得は良かったと思う。


っと、期限ギリギリの移籍は玉突き事故ですね!?

ファルカオに押し出されたチチャリートはレアル。

そしてウェルベックはアーセナル。

D・コスタに押し出されたF・トーレスはバロテッリの後釜としてミランへ。

まあ、押し出された選手は

元のクラブでは微妙な存在だっただけに

新天地で活躍して欲しいですね。

謎だったのはネグレドのバレンシア移籍。

ファルカオを獲得できなかったシティを出る必要は

全く無かったんだけど・・・

何だろうね?ホームシック??


で、ラストは香川ですよ。

ドルトムントへの復帰。

怪我人続出で中盤が一気に薄くなった

ドルトムントだけど・・・

ファンはかつての香川を知っているだけに

期待が大きい分、プレッシャーも大きいし

機能しないときに見限るのも早いんじゃないかと・・・

非常に心配。

それだったらリーガに挑戦して欲しかった。

バレンシアって話もあったけど

そもそも基本フォーメーションにトップ下というポジションは無いし

あったとしてもパレホが入るだろうし・・・

セビージャやビジャレアル、ソシエダ、マラガあたりから

話があれば、そこそこ面白くなりそうだけどねぇ。



かな〜り雑に感想書いてみました。。。


posted by かっちゃん at 21:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック