ブログパーツUL5

2014年10月26日

クラシコで勝ち点差1

両チーム共にコンディションが

心配だったけど、そんな中で

ベンゼマの積極性は良かったんじゃないかな?

いつも以上に気合が入っていて

ようやくブランコとして、

らしくなってきたというか・・・

続けざまにバー、ポストを叩いた

シュートの時には、思わず声が出るほどに・・・

早い時間帯にネイマールに先制されるも

その後のリアクションは非常に良かった。

まあ、上手いことピケのハンドを誘って

同点にできたのが大きかったんだけど。。。

それにしても、バルサ相手にしても

今のレアルの中盤は遜色どころか上回っていますね。

クロース、モドリッチ、イスコ、ハメス。

イスコとハメスの共存はずっと上手くいかないものと

思っていたけど、お互いが攻守のバランスを

絶妙にとることで、ここ数試合は非常に

創造性豊かでテクニカルなレアルが見れてますね。

まあ、今日の試合よりはもう少し前で

プレーするイスコの方がワクワクさせてくれるんだけどね。

イスコのプレーって常に意外性があって

非常に見ていて楽しい。

一方のハメスは派手な第一印象と異なっていて

非常に基礎技術が高い。

残念なのは右足でのプレーの少なさか。。。

右足で蹴っていればってシーンが最近の試合では

しばしば見受けられる。。。

本日のレアル堪能しました。


逆にバルサは予想通りというか・・・

中盤の駒不足が深刻。

普通のクラブに比べれば、まだまだ圧倒できるだけの

戦力が揃っているんだけど・・・

クラシコやCLが進んでいく中では厳しいかも。

長いこと、中盤の豪華さに比べてディフェンスラインの

補強を叫ばれてきたバルサだけど・・・

今一番深刻なのは中盤では無いかと思う。

シャビの代わりにラキティッチをとって

安心してしまったんだろうけど・・・

シャビ以上に劣化が激しいのが

実はイニエスタだと思う。

シャビは劣化というより、高齢化によるスタミナの問題で

コンディションさえ保って出場すれば

計算できるプレーを維持しているんだけど・・・

イニエスタの場合は、

以前のようにギャップを生み出すほどの

ドリブルの切れは無くなっているし

そもそも、トップギアでのプレーはほぼ皆無。

なにか、余力を残してのプレーに見えてしまう。

いつの間にやら30才だし・・・

長年期待し続けたシュートレベルの向上は相変わらずだし・・・

はっきりいって、バルサのスタメンを張るレベルではない。

ただ、セルジ・ロベルトの成長も見られず・・・

他は居ないからっていう消去法。

これはブスケツをあげてマスチェラーノをピボーテ

っていうのが解決策としては一番いいかも知れない。。。

セカンドチョイスとしては、かつてのバレンシア作戦。

左サイドにマテューとアルバを縦に配置する布陣。

スアレスが思いのほか、バルサスタイルに順応しているし

今シーズン完全にフィットしたネイマール。

そして、成熟したメッシ。

何処からでも点が奪えそうな・・・

これから非常に期待できるFW陣なだけに

そのFW陣へボールを供給する中盤の劣化は

非常に残念。

冬のマーケットで、運動量があって、ミドルも持っていて

パサータイプの選手を獲得しないかな??

そう、ちょうどモドリッチみたいなタイプ。。。

ひとりと言わず、二人獲っても良いくらいの現状だと思う。

それでも・・・

イニエスタをベンチにって選択はバルサには

出来ないだろうな。。。
posted by かっちゃん at 18:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407791010
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック