ブログパーツUL5

2012年06月24日

ジダンは居ない

EURO2012 準々決勝 スペインvsフランス。

スペインは公式戦でフランスに勝ったことがない。。。

そして過去におけるトーナメント1回戦、フランス戦での忌まわしい記憶。

っと、試合前まではかなりネガティブな・・・。

が、始まってみれば

フランスの攻撃に怖さはない。

守備に関しても、崩せないほど堅くもなく・・・

0トップを採用して臨んだスペインのパスは非常に落ち着いていた。

そして予想していたガチガチの展開よりも早い時間帯での先制点。

イニエスタのスルーパスからJ・アルバの完璧なクロスにX・アロンソの

お手本のようなヘッド。

あっさり先制。

その後のフランスの攻撃もリベリーのドリブルは厄介だったものの

それ以外に鋭さは見られない。

結局、スペインがあわてる場面はなく、

試合終了前にはPKによる追加点も奪い

あっさりフランスを退けた。

拍子抜け。

これがフランスの感想。

リベリー以外の・・・ベンゼマ、マルーダはもちろん、

途中から投入された、ナスリ、メネス、ジルーも決定的なプレーを見せることがなかった。

2000EUROと2006年W杯のフランスにあって今のフランスにないもの・・・

守備陣、攻撃陣ともに以前のフランス代表の方が、今のフランス代表よりも

知名度、経験のある選手が多かったことは確かだけど・・・

一番の決定的な違いは・・・ジネディーヌ・ジダン。

ジダンは柔らかいボールタッチがクローズアップされがちだけど

その凄さはテクニックだけでなく、攻撃の起点であり、ラストパスであり

大舞台で見せる決定力。さらには求心力。

ジダンは、今日のスペインの攻撃で言うなら、

シャビ、イニエスタ、X・アロンソを足した存在。

残念ながらジダンの代わりとなる選手がフランスに再び現れることは多分ない。

チームとしての更なる結束とステップアップを計らないと・・・

2014W杯でも優勝に絡むことは無さそうな気がする。

現在25歳前後に有望な選手が多数いるだけに実に惜しい。。。

チームの和を乱しかねないナスリを外すのも已む無しか??


一方スペインは・・・

出来があまりよくなかったシルバに代わって入った

ペドロが大きな仕事をしましたねぇ〜。

コパ・デル・レイでの2ゴールだけで召集された選手とか・・・

いくつかの批判的な意見も見たけど、

シーズン終盤から見せていた切れのあるプレーをみて、

間違いなく代表に必要な選手と確信していた俺にとっては爽快な気分。

そしてイニエスタと交代して入ったサンティ・カソルラも

流れを壊すことなく、チームに完全にフィットしているところを見せた。

問題なのは・・・やっぱりトーレス。

ディフェンスラインとの駆け引きも微妙な状態で、

簡単なオフサイドに掛かるし

途中交代の割りに運動量もイマイチ。

あいかわらず、代表でフィットしたトーレスは見られない。。。


でもまあ、これでベスト4。

準決勝の相手はポルトガル。

EURO2004でグループリーグ敗退のリベンジなるか?

0トップなのか、1トップなのか・・・

ポルトガルのCBはペペとブルーノ・アウベス。

高さ、強さ、スピードのあるCBコンビだけに

まともに勝負するよりは・・・やっぱり0トップの方が効果的かなと思う。

1トップにするなら・・・トーレスではなくて・・・ここはペドロ。

これでも結局0トップと言われるのかな?

とにかくスペインは撃ち合いに持ち込まれないように

きっちりと試合をコントロールしたいところですね。


今夜はイングランド×イタリア。

これまた、注目のカードですね♪


posted by かっちゃん at 21:13 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 ポーランド・ウクライナ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

2勝1分5敗。。。

何なんですか?

決勝トーナメント進出予想はものの見事にはずれ。。。

1位通過を予想したドイツ、スペインが当たりで

フランスは1位通過予想だったけど、2位通過。

あとは散々な結果。

グループAは、すべて外れ。

でも、

小さいことは、気にしないっ♪

で、ベスト8が出揃ったところで

次の予想と行きましょう!!

まず、A1チェコ vs B2ポルトガル。

ここは、勢いを買ってポルトガル。

やっぱり3戦目のC・ロナウドがグループリーグ突破を決める

2点を決めたのは大きい。

一方、チェコはグループリーグを突破したのが

まだ信じられないレベル。

相変わらず、バロシュがFWに君臨しているところに

チェコの層の薄さが・・・

ロシツキーの負傷がなかったとしても難しいかな?


B1ドイツ vs A2ギリシャ。

ここは、間違いなくドイツのはず。

(かなり弱気発言になってます。。。)

死のグループBでも、その強さは際立っていたんだけど・・・

相手がギリシャというのが、意外と厄介な相手なんじゃないかと。

1戦目のポーランド戦、3戦目のロシア戦を見る限り・・・

相当タフなチームであることは間違いない。

簡単に負けないチームだと思うけど・・・

それでも、やっぱり自力の差でドイツということで。


C1スペイン vs D2フランス。

この対戦。。。嫌な記憶ばかりですね。。。

2000EUROと2006W杯。

ともにトーナメント1回戦で

スペインはフランスと対戦し、敗れているんですよね。

2000EUROは言うまでもなく・・・

2006W杯のときは、グループリーグを終わって

スペイン絶好調。フランスは微妙という状況で迎えた対戦。

その試合で、フランスは復調。

ジダンは輝きを取り戻し、若きリベリには切り裂かれ・・・

攻めても堅い守備をこじ開けることが出来ず・・・

本当に完敗だった。

で、2000EURO、2006W杯ともに

フランスは決勝まで進んで・・・決勝の相手はイタリアだった。

今回、フランスとイタリアがぶつかる可能性があるのは決勝。。。

なんとも、嫌なとこまで思い出してしまった。。。

歴史は繰り返されるのか?

あ〜〜〜〜〜〜〜

それでも、スペインが負ける予想は出来ません。

スペイン勝利に1票!!

相手がフランス・・・。

0トップ、ありそうですね〜。


D1イングランド vs C2イタリア。

イタリアは完全にピルロ次第。

3戦目にようやく、カッサーノ、バロテッリが決めたことで

覚醒する可能性もあるのかな?

イングランドは・・・なんで1位通過したの?

よく分からない。。。いつもの守備が堅いだけ。

3戦目のウクライナ戦、幻のゴールにも救われたし・・・

でも、前線には高さあり、速さあり、上手さあり、強さありと

いろんなタイプの選手は揃っているんだよね。

ただ、攻撃が単調なだけ。

予想が難しいけど・・・

見ていて、面白い方はイタリアなので・・・

イタリア勝ちの予想でお願いします。


で更に更に・・・準決勝は

スペインvsポルトガル、ドイツvsイタリア

になるので・・・

決勝は、大会前の予想通り

スペインvsドイツ再びということで・・・

つまらんか?

つまらん。

なので、スペインvsイタリアという大胆予想にしておきましょう!!

初戦の相手が決勝の相手。

そう!2004EUROポルトガル大会、

ポルトガルvsギリシャのように。。。



posted by かっちゃん at 21:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 ポーランド・ウクライナ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

まだまだ信用できない。。。(4日分、長文でスミマセン)

前回のブログ更新から4日も経ってしまいました。

その間にも楽しい試合が目白押しでした。

まず、グループDの初戦。

注目はフランスvsイングランドではありません。

まあ、フランスvsイングランドも見ましたけどね・・・。

この日に気になったのは、もうひとつの試合。

開催国ウクライナvsスウェーデン。

見所はというと・・・ACミランの新旧エース対決。

そう、イブラヒモビッチvsシェフチェンコ!

スウェーデンが有利と予想していたんだけど・・・

やっぱり年代的にイブラよりもシェフチェンコへの思い入れが強い。

先制したのはスウェーデン。決めたのはイブラヒモビッチ。。。

が、その数分後、シェフチェンコが同点ゴールを叩き込む。

更にCKからシェフチェンコがニアで合わせて逆転!!

シェフチェンコのマーカーはイブラ。

そのイブラのマークを外しての・・・気迫の一発。

久しぶりにみるシャフチェンコは・・・

スピードをはじめ、かなりの衰えを感じたけど

大事なポイントでの勝負強さは衰えてない。

ベテランならではの味ですね。

いや〜勝敗予想は外れたものの、爽快な試合でした♪


お次は、グループAの2戦目。

ギリシャvsチェコ。

初戦を落としたチェコは厳しいかなと思っていましたが2-1でチェコ勝利。

ポーランドvsロシア。

初戦快勝したロシアの強さを確かめるために見ましたが・・・

ロシア強い?

前回のユーロでのアルシャビンの姿はない。。。

残念だけど、今のアルシャビンはチームにとって

プラスよりもマイナスの要素の方が大きい。

パスのタイミングでもパスを出さずに、ボールを奪われてピンチを迎える。

あまりに自己中心的なプレーをしすぎるし、守備にも帰らない。。。

結局、この試合、ロシアの強さは見ることができず

ポーランドに同点ゴールを奪われドロー。

それでもやっぱりロシアが1位通過するんでしょうかね。


死のグループB、2戦目。

オランダvsドイツ。

初戦デンマークに負けたオランダにとっては絶対に落とせない試合。

が、オランダは初戦同様、チームとしての連動性に欠ける。

スナイデルの不調、パスミス・・・

こんな状態のスナイデルを使う意味があるのか??

代わりが居ないのか?

オランダのベンチメンバーをよく知らないので理由は分からないけど・・・

あとは、ロッベン・・・完全にラームに押さえ込まれ・・・

頭からも流血・・・CL決勝から散々なことばかり。。。

話はそれますが・・・

出血したときに使う、ホチキスみたいなの・・・

バチンバチンしてるとこ・・・見るのも嫌ですね。

オランダは、後半にファン・ペルシが意地の一発をみせたけど・・・

ファン・ペルシってトーレスと近い匂いのするFWなんだよね。

上手いと思えない。

フンテラールも同じ系譜だと思っているんだけど、

ファーストタッチの繊細さに欠ける。

結局、ラームの上手さとドイツの強さばかりが目立って・・・

シュバインシュターガーのアシストからマリオ・ゴメスの2ゴール。

ドイツは2連勝で、ほぼ決勝トーナメント進出決定。

それでも、南アフリカW杯でのドイツの方がもっとよかった。

ドイツが優勝するためには、

エジル、ミュラーあたりの状態が上向いてこないと・・・

これから更に1段ギアがあがるのかが見所。

それにしても・・・マリオ・ゴメスって

いつ見ても、スーパーマンに見えてしまうのは俺だけ?

あの顔、髪型、スタイルでサーカー選手って言うのが・・・似合ってない感じがする。


オランダは・・・決勝トーナメント進出の可能性が残っているらしいけど

難しいでしょうねぇ。。。



グループBのもう1試合は、デンマークvsポルトガル。

こちらも初戦を落としたポルトガルがどうなるかが気になる試合。

試合は、ポルトガルが2点先行した後に、ベントナーに2ゴールを許して

振り出しに戻って・・・最後はポルトガルが振り切って勝利。

3戦目にもつれ込んだデンマークとポルトガルの

2位争いが面白くなってきたけど・・・

3戦目にオランダと戦えるポルトガルが有利なのか?

デンマークとポルトガルの出来云々以前に、

3戦目のオランダのメンタル面とドイツのスタメンが

鍵になるのは間違いない。



で、本日グループC。

イタリアvsクロアチア。

結果はドロー。

イタリアは・・・やっぱりピルロ。

バロテッリは、よくやっているけどゴールだけが足りない。。。

今回のイタリア・・・好印象だけど・・・小粒感があるのかな?

まあ過渡期なんでしょうかね?

今後ピルロが抜けて・・・更なる変化が訪れたときに

新生アズーリが見られるのかも知れないですね。



して・・・大注目のスペインvsアイルランド。

2戦目のスペインの布陣は賛否両論のあった

0トップではなく、1トップにトーレスを置いた4-5-1。

早い時間帯でのトーレスの先制ゴール。

後半開始早々、シルバがゴール前での異常な落ち着きから・・・

パスしているかのようなシュート。見事すぎる。。。

3点目、シルバからのパスをトーレスがGKと1対1になり決める。

4点目はCKの流れから、セスクが角度のないところから豪快に決めて

スペイン、4−0の大勝!

トーレスの2ゴール!

これは、スペインの今後にとって大きいって言っていたけど・・・

まだまだ・・・トーレスを信用しないぞ、俺は。

トーレスの1点目は、単なる運と思い切り。。。

連携から生まれたものではないし、

まだトーレスがチームにフィットしているとは言えない。

それに、GKの頭上を狙って蹴ったかどうかも怪しい。

飛んだコースがたまたま良かった、って思ってる。

2点目だって・・・GKにとめられていてもおかしくない感じ。

ネグレドならもっとしっかりGKをかわして

シュートに持ち込んでいたんじゃないかと・・・。

とにかく、3戦目のクロアチア戦で

トーレスがゴールを決めることが出来れば

スペインの連覇の可能性が見えてくるんじゃないでしょうか?

あと、気になったのは、

後半途中からトーレスを外して、初戦同様に0トップにしたこと。

0トップを本当に今後も採用するのか?

イタリア戦後の批判に対する意地の采配だったのか?

デル・ボスケの意図が何処にあったのか・・・。

今後も0トップを採用するのであれば・・・

こんなにCF的なFWを3人も招集する必要があったのか?

パス能力に優れたFWを召集しても良かったんじゃないか?

パス能力に優れたFW・・・

・・・

ラウールのようなFWを召集した方が良かったんじゃないか・・・

またまたですが・・・


いずれにせよ

これでグループCは

勝ち点4でスペイン、クロアチア(得失点でスペイン1位)

勝ち点2のイタリア。

勝ち点0のアイルランドは敗退決定。

スペインの3戦目はクロアチアで

引き分け以上で決勝トーナメント進出。


引き分け以上・・・

2004年EUROポルトガル大会を思い出す。。。

グループA、3戦目、ポルトガルvsスペイン。

この試合、引き分け以上でスペインは決勝トーナメント進出できる状況。

結果論だけど・・・

同時刻に行われた、もうひとつの試合、ギリシャvsロシアで

ギリシャがロシアに負けたので・・・

引き分けていれば・・・ポルトガル、スペイン共に決勝トーナメント進出できたし

EURO2004ポルトガル大会を制したギリシャは予選で敗退していた。。。

の、はずなのに・・・

ポルトガルのヌーノ・ゴメスに決勝点を奪われて、スペインまさかの予選敗退。。。

あ〜悪夢だった。。。


3戦目・・・

大勝の後だけに、スペインに油断が生まれないことだけを祈ります。



posted by かっちゃん at 01:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 ポーランド・ウクライナ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

スペインvsイタリア

まさかの0トップ。

トーレスか?ジョレンテか?やっぱりネグレドでしょ!?

って予想していたところでの・・・セスク起用の0トップとは。。。

イタリア相手で効果の程は、あまり感じられなかったけど・・・

俺は完全にやられた〜って感じ。

あとは、ピケとラモスをやっぱり使ってきましたね。

結果は1-1。

イタリア、スペインともにゴールシーン以外にも決定機があっただけに・・・

どちらが勝ってもおかしくない試合だった。



まずはイタリアから言うと・・・

ピルロ。なぜミランは放出したんでしょうか??

久しぶりに見たピルロは、まだぜんぜん一線級でした。

ブッフォンも健在だし・・・

カッサーノ、バロテッリ。献身的にやってますね。

あとはデ・ロッシ。奴さえ居なければ

スペインの勝利の可能性がもっと広がったんだと思うけど・・・

読み、フィード、1対1での強さ。上手いな〜。

スペインは得点シーン以外では完全に抑えられましたね。

今回のイタリア、いつもより攻撃的で好感が持てましたね。

ジョビンコ・・・もうちょっとみて見たい選手ですね。


で、問題の・・・スペイン、どうよ?

物足りない感いっぱいなのは俺だけ?

0トップって。

FWには信頼できる選手が居ないって事ですよね。。。

デルボスケの狙いが何だったのか微妙だけど・・・

2列目あたりからディフェンスの背後を突く動きをさせたいなら

ペドロあたりを入れたいところだけど・・・囮でね。

シルバをベンチって・・・かなりのギャンブルですかね?

あとはピボーテひとりにするか?

アロンソとブスケツふたり必要ですか?

レアル、バルサで見せる各々のパフォーマンスから考えると・・・

2人ともに中途半端。

で、やっぱりのナバスの投入。

ヘスス・ナバスは好きな選手だけど・・・

ボックス内で駆け引きの上手いFWが居てこその

ナバスのクロスなんだよね。。。

最初のタイミングがずれても、動きなおせるFW。

スペインには・・・ラウールを超える存在なし。。。お約束ですが・・・。

それにしても・・・トーレス。。。

やっぱり決められないですね。。。

あと一歩なんだよ・・・いつも。

疲労の見える後半にトーレスを起用するのは

非常に武器になるけど・・・

最後の最後が決められない。

チャンスは増えるけど、得点は増えない。

毎度同じ。。。

前回のEUROのイタリア戦に続き

この試合でも輝いたのはカシージャス。

モッタのヘッドをスーパーセーブ。

プジョルが居ないだけに、余計に頼りになるね。


グループリーグの大一番のイタリア戦を何とかドローで切り抜けたものの

クロアチア・・・なんだか勢いがありそうですね。

2戦目のアイルランドには余裕で勝ってもらって・・・

3戦目のクロアチア戦が熱い試合になりそうですね。


posted by かっちゃん at 21:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 ポーランド・ウクライナ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

嫌な予感的中?

既に大会2日目終了してます。

グループAは、ほぼスルーしてしまいました。。。

で、注目。死のグループB。

いきなり・・・予感的中してしまいました。

EUROの組み合わせが決まったときの予想通り・・・

ドイツ本命、デンマークが2位通過という大胆予想。

その予想通りの展開でスタート。

デンマークにやられたのは・・・オランダ。

オランダは優勝候補の一角なんていわれているけど・・・

試合を見る限り、ボールを持っていない選手の動きがほぼゼロ。

優勝候補と言うにはお粗末な感じ。

ほとんどの場面で個人技での打開のみ。

それでも惜しい場面はつくっちゃうんだけどね。。。

でも、この死のグループでは・・・というより

EUROでは個人技だけでは通用しない。

デンマークに一瞬の隙をつかれ・・・

オランダのディフェンスが・・・ザルとも言う?

切り替えし一発でディフェンス二人がつられて・・・

この一発にオランダが沈められる。。。

オランダは2戦目がドイツ。

厳しい。。。

いきなりお尻に火が付いちゃいましたね。


ちなみに、本命ドイツは苦しみましたが

マリオ・ゴメスのゴールで

ポルトガルに勝ちました。



いま、開幕戦、ポーランド×ギリシャを見ながら

記事を書いているけど・・・

グループBより攻めあいの展開で盛り上がってるね。

レバンドフスキのゴール。

ホスト国、ポーランドが勢いに乗れそうですね。

おぉ!シャルケのパパド君、出番ですか!?

出番はお預けですね。。。


今夜はスペインvsイタリア。

少々仮眠しておきましょう。



posted by かっちゃん at 23:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 ポーランド・ウクライナ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする