ブログパーツUL5

2014年06月28日

グループリーグ終了

いやー今大会はまさに

ヨーロッパ勢は南米大会では優勝できないという

ジンクスどおりのグループリーグの結果となってしまいましたね。

スペイン、イタリア、ポルトガル、クロアチア、ロシアと

グループリーグ突破を予想していた国がこれほどまでに

苦戦を強いられてしまうとは・・・。

でもまあ想定内といえば想定内。


グループリーグが終わって・・・

うれしい驚きを与えてくれた国は

一番にコスタリカ。

守備の堅さ、そして常に縦に速い攻撃を意識したダイレクトパス。

決して個人の能力としては高くないんだろうけど、

W杯のような大会ではこの鋭さに特化したような攻撃が

相手に脅威を与えるのに非常に有効。

日本もパスをつなぐことだけじゃなく

もっと裏を意識した速い攻撃も必要って

簡単には書けるけど・・・

アジア予選でのドン引き相手の時と

世界レベルの強豪国との試合は全く別物ってところが

なかなか難しいところではあるんだよね。。。

そして、自分でも予想していたけど

アルジェリアのグループリーグ突破。

本当に突破しちゃったという感じが強い。


次に印象に残った衝撃シーンは・・・

1.ムンタリのパンツ。

 ウケ狙いなのか?それとも大真面目に

 ヒートシンク効果を考えてたのか?

 とにかく気付かなかったというレベルのパンツの露出では無いのは明らか。

2.ナイジェリア-アルゼンチン戦で起こった

 味方選手のシュートがあたっての骨折。。。
 
 (リプレイ見ても血の気が引く。。。)

3.スアレスの噛み付き?(映像では微妙だけど・・・)

 賛否両論あるようですが・・・

 それでもバルサは獲得するんでしょうかねぇ。。。


明日早朝からはもうトーナメントが始まるけど

ここまで来ると更なる波乱を期待したくなる。

まずは、ブラジルまさかの敗退とかね。。。

チリはメデルをCBに起用したりと

かなり大胆な布陣で臨んでいたけど

全体の運動量やアジリティに優れたチームだけに

ブラジルもかなりてこずる可能性大。

コロンビアとウルグアイの試合は

はっきり言ってどちらが勝ってもおかしくない。

予想が非常に難しい。

ただ、どちらもエースが居ないのが残念。


posted by かっちゃん at 23:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

王者スペイン敗退

スペインはオランダにつづき今度はチリに完敗。

ここまでパスミスを連発したらパスサッカーなんて到底無理ですね。。。

まさにかつての無敵艦隊。

欧州予選では無敗で乗り切り、

本大会では毎度無様な姿を晒す。

チリ戦の敗因は、いっぱいありますよ。。。

コンディションの悪さ

メンタル面での準備不足

中途半端な選手起用

戦前からのチリ対策

それにしても、シャビ、アロンソあたりは

これで代表引退なんだよね。。。

まあ、この二人は暗黒の時代も知っているだけに

この敗退のショックをそれほど引きずらないだろうけど

それよりも、シャビは出番が無いままに引退って

そっちの方が辛すぎるよね。

もしかしたら、次のユーロ予選の何戦かは出るのかな?

その辺はデル・ボスケの去就次第かな?


ネット上ではD・コスタが期待はずれとか

目にしたけど・・・

俺としてはスペインが勝ち進んでいく中で

徐々にフィットしていって、トーナメントの苦しいところで

貴重な点でも決めてくれればって期待していたんだけど

チーム全体がこの様では・・・

D・コスタひとりに責任を擦り付けてもねぇ?

そもそも、大会前での代表経験が少なすぎるし

数少ない試合でもフィットしていたわけじゃないし・・・。

まあ、スペイン代表はこのあたりで

一気に世代交代を図るチャンスだよね。

イニエスタでさえ、アンタッチャブルではいられないと思う。

イニエスタは大好きな選手ではあるけど

ここ数年バルサにおいても、随所にうまさは見せるけど

気持ちが見えないというか・・・

チャレンジしなくなった気がする。

ただ上手いだけで、効果的な動きがめっきり減った印象。

前回のW杯の後?膝だったっけ?

とにかく、怪我明けからより無難なプレーが増えた気がする。

って事で、ハングリーな若手中心で・・・

GK:該当なし

DF:カルバハル、モントーヤ、ナチョ、バルトラ、イニゴ・マルティネス

MF:チアゴ、イジャラ、イスコ、ムニアイン、オリベル・トーレス、セルジ・ロベルト
 
   イグナシオ・カマーチョ、カナレス

FW:デウロフェウ、モラタ、ヘセ、テージョ

結構いますね。期待の若手。

これに、次回W杯の時に30歳以下の今大会の招集メンバーを追加。

デ・ヘア、アルバ、コケ、ブスケツ、ハビ・マルティネス、アスピリクエタ

マタ、そしてD・コスタあたりかな?

意外にも現メンバーの殆どが4年後は30オーバーだね。

あと、書いてて思い出したけど、D・コスタ以上にアスピリクエタは

まったくフィットしてなかった気がするけど・・・


選手の面子はまだまだ豪華だけど問題は監督選びかな?

クレメンテ、カマーチョ、イニャキ・サエス、アラゴネス、デル・ボスケ

ってきたけど・・・いまいち戦術に長けた監督って居なかったよね。

フィジカル重視だったり、根性論だったり、温和なだけのおじいちゃんだったり

かといって、誰が良いって言われると困るけど・・・

強いて言うなら・・・ベニテスかウナイ・エメリかな。

0からのスタートってことで

スペイン人以外の監督って言うのも考えたんだけど・・・

ライカールト、スパレッティ、ヴェンゲルあたりは

スペインのパスサッカーを受け入れつつって気がしたけど・・・

スペイン国内のバスクやカタルーニャの独立意識を理解している人の方が良いかなっと。


まあ、また地道に次の隆盛を待ちましょうか?

理想としては、ラウールやプジョルあたりが監督になったころ

スペインが輝いてくれたら良いのですが・・・。続きを読む
posted by かっちゃん at 21:55 | 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

スペイン大敗


久しぶりではありますが

やっぱりブログ更新しちゃいました。

なにせスペインがオランダに1−5負け。。。

まあ、負けることは全くもって不思議なことではありませんが

その後の世間の反応に一番驚いてます。

スペインの負けがこんなにも大きな話題となり

そして、本当に多くの人がいろんなコメントをしてます。

2008ユーロ優勝前には、殆どの人が全く見向きもしなかったのに。。。



でも、そろそろ限界なんですかね。

サイクルの終焉。確かに。

ユーロ2008を制して既に6年。

正直、これほど世界のトップに居続けたのは稀なケース。

それでも、このパスサッカーを変える必要は無い。

確かに昔のスペインのスタイルであるワイドにウイングをおくのも

オプションのひとつではある。いまは、D・コスタが居るしね。

でも、スペインはもともと体格に恵まれた国じゃないから・・・

かつてのウルサイスやモリエンテスのようなヘッドが強い

FWを排出し続けることが難しい。

そこで、生まれたスタイルが現在のパスサッカー。

ようやく見つけた、スペインにあったスタイルを放棄する

必要はないし、逆に捨ててしまってはいけない。

それよりも捨てなくてはいけないのは、スペインの気質とでもいうか・・・

グループリーグの初戦の試合途中で完全にキレてしまうメンタル。

大敗したのに、前回大会でも同じ様に負けたから・・・っていう楽観視。

このままいくと、ここぞで負ける昔のスペインに逆戻りですかねぇ。。。

まあ、昔からスペインを応援している俺にとっては

これからもずっと、もどかしくも、ひっそりと応援し続けますけどね。。。
posted by かっちゃん at 17:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

2014ワールドカップ ブラジル大会 優勝予想

さて、ベスト16が出揃ったところで

今夜は一気に優勝予想までしてみましょうか!

まずは

グループリーグ突破予想のおさらい。

グループA

1位:ブラジル、2位:クロアチア

グループB

1位:スペイン、2位チリ

グループC

1位:コロンビア、2位:日本

グループD

1位:ウルグアイ、2位:イタリア

グループE

1位:スイス、2位:フランス

グループF

1位:アルゼンチン、2位: ボスニア・ヘルツェゴビナ

グループG

1位:ドイツ、2位:ポルトガル

グループH

1位:ロシア、2位:アルジェリア




A1:ブラジルvsB2:チリ

前半は何とかドローで折り返すも

後半にはブラジルのゴールラッシュ。

ロビーニョのゴキブリダンスにネイマールすらどん引き。


C1:コロンビアvsD2:イタリア

正直どちらも残って欲しい・・・

トーナメント1回戦、屈指の好カード。

ファルカオとバロテッリ対決か?

ファルカオが先制点。

一方のバロテッリはガチガチのマークで不発。

そして、イライラがピークに達しジェペスに頭突き。

一発退場。

崖っぷちのイタリアは、終了間際

交代出場のロッシのファンタスティックなゴールで追いつくことに成功。

PK戦は、ブッフォンの活躍もありイタリアがベスト8進出。



E1:スイスvsF2:ボスニア・ヘルツェゴビナ

90分間グダグダの試合。

お互いミス絡みから、チャンスを迎えるも決定力も無く・・・

試合を決めるゴールは、

クロスをあげたつもりが、ボールは絶妙な軌道を描き

直接サイドネットに吸い込まれる・・・スイス勝利。



G1:ドイツvsH2:アルジェリア

アルジェリが終始ペースを掴み押し込みながらも

決定力を欠き・・・

一瞬の隙からドイツのカウンター。

ロイスのゴールでドイツ順当勝ち。



B1:スペインvsA2:クロアチア

暑さの中、両チーム運動量が落ちたところで

ひとり気を吐くD・コスタのゴールでスペインの勝ち。



D1:ウルグアイvsC2:日本

日本は先制するも、フォルランのFKで同点。

後半ロスタイム、スアレスにPKを与え

これをきっちりスアレスに決められ逆転負け。



F1:アルゼンチンvsE2:フランス

フランスの運もここまで。

フランス国内で話題沸騰。

ここまで予想をすべて的中させていたドメネクの占星術。

フランスの2-1勝利というドメネクの予想に反して・・・

アルゼンチンの猛攻を前に成す術なく歴史的大敗。

ベンゼマは、フランス唯一のチャンスのPKを得たものの

ジダン張りのチップキックはGKが頭でセーブ。

ベンゼマは変な髪形と負けている状況の中、

ガムをかんでニヤニヤしていた映像が繰り返し流され

フランス国内で非難の的。



H1:ロシアvsG2:ポルトガル

グループリーグでは大活躍のC・ロナウドは不発、

ラウール・メイレレスの退場で危機的状況も

ロシアは暑さに負ける。

モウチーニョのスルーパスから最後はポスチガ。



ベスト8の顔ぶれは

ブラジル、イタリア、スイス、ドイツ

スペイン、ウルグアイ、アルゼンチン、ポルトガル


準々決勝

ブラジルvsイタリア

W杯ではお馴染みの対決。

バロテッリを欠くイタリアは攻撃の糸口もつかめず

ピルロはほぼ守備に追われ、仕事をさせてもらえず。

戦前の予想とは裏腹に、内容的には一方的な展開で

ブラジル勝利。


スイスvsドイツ

準決勝を見越してスタメン総入れ替えで余裕のドイツ。

それでも、スイスを圧倒。危なげなく準決勝に駒を進める。


スペインvsウルグアイ

セルヒオ・ラモスのレッドでもおかしくない

スアレスへのタックルも審判は笛を吹かず。。。

不満の募るスアレスは審判に詰め寄り逆に一発退場。

激高したスアレスは前代未聞の・・・

セルヒオ・ラモスの耳を噛みちぎり

更には罵声を浴びせるスタンドの客へ飛び蹴りをくらわし

ピッチを去ることになる。

その後、数的有利を活かしたスペインが

後味悪いながらも勝利を手にする。



アルゼンチンvsポルトガル

メッシコールにぶち切れるロナウド。

悲しみの多さでポルトガルの負け。


ベスト4の顔ぶれは

ブラジル、ドイツ、スペイン、アルゼンチン


準決勝

ブラジルvsドイツ

意外と珍しいカード。

2002日韓W杯の決勝以来、W杯では2度目の対戦。

大事な一戦を前にチームスタッフ含め

何故か全員、大五郎カットのブラジル。

意外と可愛いと人気のマルセロ。

片やまったく似合わないD・ルイス。

ひとり、つるっパゲのスコラーリ。

そんな気合もむなしく

ブラジルは前後半にそれぞれ失点。

ここで開催国ブラジルが姿を消す。




スペインvsアルゼンチン

デル・ボスケはD・コスタを外してセスクを入れた0トップを採用。

スペインの布陣は

イニエスタ  セスク   ペドロ

   シャビ   アロンソ

      ブスケツ

J・アルバ ラモス ピケ アルベロア

      バルデス


ほぼバルサとメッシの対決。

ボールを支配するも、シュートまでたどり着けないスペイン。

一方のアルゼンチンもメッシ、アグエロ、ラベッシに加え

イグアイン、パラシオと次々とFWを投入するも得点を奪えず。。。

延長戦がちらつき始めた後半40分。

バルデスのミスキッック。

前線に残っていたメッシの前に転がるボール。

慌てて、前に飛び出すバルデスを冷静にループでかわすメッシ。

セルヒオ・ラモスが懸命に戻りクリアしようとするが

ボールに触れることは出来ず・・・

自身は勢い余ってゴールポストに直撃。

この1点によりアルゼンチンが決勝進出。



決勝はドイツvsアルゼンチン。

この組み合わせで思い出すのは

86年大会、90年大会そしてマラドーナ。

メッシとしては・・・

マラドーナの大会といわれ、アルゼンチンが優勝した

86年メキシコ大会の再現となるのか?

それとも、マラドーナが怪我を押して出場した

90年イタリア大会のように準優勝に終わってしまうのか?



ブラジルが姿を消して、更に決勝に駒を進めたのはブラジルの宿敵アルゼンチン。

ブラジルサッカーの聖地マラカナンはアルゼンチンに対するブーイングの嵐。

そんな逆境の中、躍動したのはやはりこの男。

そう、ジミー・ジャンプ!!

一瞬の隙を付き、ピッチを疾走。

最後は、見かねたノイアーがコーラ片手に中段前蹴り炸裂。

っと、長めのボケはここまでとして・・・


そう、本名リオネル・アンドレス・メッシ・クッチッティーニ。長っ!!

GKからのボールを受け振り向き、ドイツゴールへ。

既に3人をかわし

4人目はクライフターンで、6人目はヒールキック・・・

ついにはGKと1対1。

飛び出したGKの上を飛び越え

この瞬間、伝説が生まれた。

サッカー好きか?

ゴールtoゴール。マラドーナを超える奇跡の11人抜き。

この軌跡のあとメッシは突然ピッチ上で倒れ、

すぐさまスタジアムの治療室に運ばれるも・・・


その後、ドイツの猛攻を受けるが

これを凌ぎきったアルゼンチンが

3度目の栄冠を手にする。


シュート! 特別編・久保嘉晴の伝説!!はこちらです


posted by かっちゃん at 21:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

ワールドカップ2014ブラジル大会 グループリーグ突破予想

グループリーグの組み合わせが決まりましたね〜♪

まずは、賛否両論あると思いますが

11月のFIFAランキングを基に

グループリーグの厳しさを数値化して

死のグループを調べてみようと思います。

( )カッコ内がFIFAランキングになってます。

<グループA>(4チーム合計97)(上位3チーム合計46)
ブラジル(10)
クロアチア(16)
メキシコ(20)
カメルーン(51)

<グループB>(4チーム合計84)(上位3チーム合計25)
スペイン(1)
オランダ(9)
チリ(15)
オーストラリア(59)

<グループC>(4チーム合計81)(上位3チーム合計33)
コロンビア(4)
ギリシャ(12)
コートジボワール(17)
日本(48)

<グループD>(4チーム合計57)(上位3チーム合計26)
ウルグアイ(6)
コスタリカ(31)
イングランド(13)
イタリア(7)

<グループE>(4チーム合計91)(上位3チーム合計50)
スイス(8)
エクアドル(23)
フランス(19)
ホンジュラス(41)

<グループF>(4チーム合計105)(上位3チーム合計60)
アルゼンチン(3)
ボスニア・ヘルツェゴビナ(21)
イラン(45)
ナイジェリア(36)

<グループG>(4チーム合計45)(上位3チーム合計21)
ドイツ(2)
ポルトガル(5)
ガーナ(24)
アメリカ(14)

<グループH>(4チーム合計113)(上位3チーム合計59)
ベルギー(11)
アルジェリア(26)
ロシア(22)
韓国(54)


4チームのランキング合計がもっとも小さいのは

グループGでD、C、B、E、A、F、Hの順。

W杯は実力差があってだいぶ力の落ちる国も

出場していることを考慮して

上位3チームの合計で比較してみると・・・

合計が最も小さいのは

やはりグループG。で、B、D、C、A、E,H,Fの順。


W杯優勝経験国が3カ国入ったグループDが

今回の死のグループっていっているところが多々見られるけど

ランキング的にはどうやら

今回の死のグループはグループGですね!?



で、恒例の・・・

いきなりのグループリーグ突破予想しちゃいます!!


グループA 

このグループは順当に

1位:ブラジル、2位:クロアチアでまず間違いなしっ!


グループB

1位:スペイン、2位オランダ 

と、言いたいところだけど・・・

オーストラリアが3連敗と仮定して、

2勝してもトーナメントにいけないことも考えられる厳しいグループ。。。

スペインの初戦はオランダ、2戦目がチリ、3戦目はオーストラリア。

オランダは、スペイン、オーストラリア、チリの順。

チリは、オーストラリア、スペイン、オランダの順。

鍵となるのは初戦のスペインvsオランダの結果。

そして、3戦目のオランダvsチリになることは間違いない。

スペインにしても、オランダにしてもやらかしちゃう可能性のある国だけに・・・

手堅さのあるチリがしぶとく2位通過を決めそうな気がして仕様が無い。

ということで、スペインの予選敗退は見たくなので

1位:スペイン、2位チリです。



グループC

1位:コロンビア、2位:日本としておきましょう。

南米予選で強かったコロンビアといえば・・・

1994年アメリカ大会。

グループリーグ敗退後にエスコバルの射殺事件が起きたけど・・・

今大会でコロンビアの選手が変なプレッシャーを感じなければ良いけど・・・。

日本に関しては、初戦のコートジボワールに何としても勝ってもらって

波に乗って欲しいですね♪



グループD

メディアが言うところの死のグループ。

ですが、イングランドは今回も無いでしょう!?

イタリアに負けて、ウルグアイにも負けて

敗退が決まってからの3戦目のコスタリカにもまさかの・・・3連敗!?

3戦目のイタリアvsウルグアイが1、2位通過決定戦じゃないでしょうか?

どちらもここぞと言う試合に強さを発揮するだけに

予想は難しいですが、引き分けた場合に得失点差が響きそうなので

得点力の差で1位:ウルグアイ、2位:イタリア。



グループE

しょぼ過ぎて予想する価値も無いグループ。

フランスの1位予想が多そうですが

1位:スイス、2位:フランス。



グループF

意外と手強い ボスニア・ヘルツェゴビナです。

現在のナイジェリア選手に疎いですが

スーパーな選手はあまり居ないと思われる。。。

で、1位:アルゼンチン、2位: ボスニア・ヘルツェゴビナ。



グループG

死のグループとはいえ

その中でも、ドイツの強さが際立っている感じ。

問題なのは2位争い。

グループリーグ敗退と突破を交互に繰り返すアメリカは今大会は敗退の番。

ガーナは2大会連続でグループリーグ突破していて、ベスト16→ベスト8。

ポルトガルも2大会連続でグループリーグ突破していて、ベスト4→ベスト16。

ロナウド、ナニあたりが個人技に走りすぎると・・・

ポルトガルは組織が整ったガーナやアメリカの餌食になる予感がしなくもないが。。。

ポルトガルにとっては切ってもきれいない関係にある、ブラジルでの大会。

ポルトガル贔屓の雰囲気になる可能性が高いだけに・・・やっぱり

1位:ドイツ、2位:ポルトガルにしましょうか。。。


グループH

日本との試合で、ボロがでたベルギーは今大会のダークホースとなれるのか?

いやいや、ダークホースなんていうのは

予想していなかったチームが活躍してこそのダークホースであって

これだけ、メジャーな面子が揃ったベルギーは

すでにダークホースにあらず。

俺が予想するに、今大会のダークホースは、

このグループにいるアルジェリアではないかと思っている。

W杯は過去3度出場し、一度も予選を突破していない。

ん〜、まさにダークホースに最適。

アフリカン旋風は、過去の大会を振り返ってみると

90年ベスト8のカメルーン

94年ベスト16、98年ベスト16のナイジェリア

06年ベスト16、10年ベスト8でガーナ

と、ころころ国が変わってきた。

ってことはやっぱりアルジェリア!?

1位:ロシア、2位:アルジェリアで決まりですね。


っと、久しぶりのブログ更新で長々とすみません。

次回は、一気に優勝予想まで行ってみようかと思います。


posted by かっちゃん at 22:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする