ブログパーツUL5

2013年07月01日

ブラジル最強

仕事中はとにかく情報をシャットアウト。

サッカーが好きそうな人の近くには寄らず・・・

話しかけることなんてあり得ない。

そんな努力の甲斐あって

帰宅後に全くのフレッシュな状態から

ブラジルvsスペインを堪能させていただきました♪

まずは、なぜにトーレス先発という疑問と

あれ?マタだ!という驚き・・・。

ブラジル相手に中盤を制圧できるかどうかが

勝敗を決すると予想していただけに・・・

俺の中では全くあり得ないスタメン。

逆の意味でデル・ボスケ侮れず・・・。

案の定、開始早々からブラジルのハイプレスに

いつものパス回しができないスペイン。

前線どころか中盤でのキープもままならない状態で

あっという間にフレッジのゴール。

守備をサボらないブラジル・・・

そして華麗さとは程遠いフレッジの泥臭いどころか

泥まみれのゴール。

まさにブラジル最強。


今回のセレソンは

1994W杯アメリカ大会のときと印象が被る。

1990W杯イタリア大会トーナメント1回戦でアルゼンチンに敗れたブラジルは

アメリカ大会では組織的な守備を構築し

ロマーリオ、ベベットの強力2トップで得点を奪うスタイルで臨んで

アメリカ大会を制した。

両サイドバックにはジョルジーニョ、レオナルドにカフー、ブランコ、ミューレルがいて

ものすごいオーバーラップがあって個人的には好きだったけど・・・

ブラジル国内では守備的過ぎると批判されたらしい・・・。

確か、大会直前にレギュラーのCBが二人とも怪我して

危機的状況だったんだよね・・・。なつかしい。。。


で、

2010W杯 南アフリカ大会の準々決勝でオランダに敗れたブラジルは

絶対に負けられない自国開催の次回W杯。

またしても堅い守備をベースとしたショートカウンターの

チームを作り上げた。

前線にローマリオのような絶対的な存在が居ないだけに

小粒感は否めないが、堅いことは間違いない。


このスペインとの決勝では

過去に見たことも無いくらいに

しっかり守備をするブラジル代表が居た。

そうなると・・・

ブラジルに死角なし。

ただでさえ、デル・ボスケのあり得ない

スタメン起用で苦しくなった中盤に

とめどなく押し寄せるハイプレス。。。

後半にブラジルは失速するんじゃないかという

期待も空しく・・・3−0完敗。


過去のスペインに戻ったかのような運の無さもあり

予想通りの迷子トーレスは何処?

シャビの衰え、アルベロアの限界、ピケの退場、ラモスのPK失敗

積み上げてきた自信が一気に崩れ落ちたような・・・

ペドロ、シャビ、ビジャのシュート、ラモスのPKと

ゴールになってもおかしくない場面は作った。

でも、今日のブラジルには完全に負けた。。。


一番の敗因はデル・ボスケの選手起用だと思っているけど

ビジャのピークEURO2008を除いて

信頼できるFWの不在も相変わらずの問題。

ラウルを代表から追い出し、その後

スペインの黄金時代が到来したものの

テクニックもあり泥臭くもあるラウル以上に

結果を残し続けたFWが居ないという現実。


ワールドクラスのFWはいつになったら現れるのか。。。


コンフェデで南アフリカに敗れたけど

初のW杯のタイトルを獲得した前回大会のように・・・

今回の敗戦が良い教訓になってくれればいいけれど・・・

あと1年で何らかの変化を加えないと、

日韓大会のフランスやアルゼンチンのように

痛い目を見そうな気がしてならない。。。


posted by かっちゃん at 22:48 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

トーレスの出番

ナイジェリア相手に勝負強さをみせ

終わってみれば3−0完勝。

見事、1位通過で準決勝進出。



スペインが2連勝しての3戦目。

スペインチームに余裕と疲労が溜まった3戦目。

まさにトーレスの出番でした。

言い換えるとスペインのベストな状態の時に

トーレスの活躍の場面は無い。

中盤のテンポ良いパス回しで相手をゴール前に張付けにし

コンパクトに保たれた布陣からの前線からのプレッシング。

最高のスペインにおいてはトーレスのプレーエリアは

無いに等しい。

が、実力差のあったタヒチ戦、

そして疲労からパス回しもプレッシングも甘々だった

今日のナイジェリア戦。

トーレスは大活躍で既に今大会5ゴール。

価値の無いホームランを量産する

現役時代の巨人の原を見るかのような・・・。


が、この調子を取り戻したかのような

錯覚を起こしたトーレスの存在は

今後の準決勝、決勝においては非常に大事。

調子の上がらないイタリア戦では

ゴールを外しまくったとしても

トーレスのゴールに迫るスピードは

脅威を与えるだろうし、

パスサッカーで押し込めない可能性もある

決勝でのブラジル戦。

そんな大事な舞台でこそ、

この勘違い男が何かやってくれるかもしれない。

2008ユーロ決勝、2012ユーロ決勝、2012-2013チャンピオンズ決勝で

ゴールしてきたという偶然。

実力以上に大舞台でゴールを決めてきた男トーレスが

スペインをコンフェデ初優勝に

導いてくれるかもしれない。


唯一の不安があるとすれば

カテナチオ復活のイタリアに

トーレスのプレーエリアを完全に塞がれて沈黙。

ってことくらいかな?



posted by かっちゃん at 22:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

負けは負け

コンフェデレーションズカップ 2戦目

日本vsイタリア。


なんで?

2点先行して引き分けすら出来ないって。。。

内容的には十分にイタリアを本気にさせ

驚かすことは出来た。

実際試合後のイタリアの選手のコメント見ると

ブッフォンにしろデ・ロッシにしろキエッリーニ、バルザーリにしろ

日本の戦いぶりを賞賛しているけど・・・

こんなコメントを見て喜んでいるわけにはいかない。

こんなコメントをいえるのも

イタリアが勝利したから。

日本の最初のPKは審判の誤審だった

なんて、負け犬の遠吠えでも吐かせるくらい・・・

そんな結果でなければいけなかった。

日本のパスは予想以上によく回っていたし

惜しいチャンスもいくつか作った。

実際イタリア相手に3点も決めて見せた。

だけど・・・4失点。

すべてが甘い。

1失点目のCKはデ・ロッシに完全に競り負けているし

2失点目はウッチーが非難されているけど

ウッチーが触らなくても、イタリアの選手がゴール前にいたし・・・

その前に対応した吉田のミスでしょう。

3失点目は長谷部のハンド。これは日本の最初のPKとの帳尻あわせ?

4失点目は今野のクリアミスだけじゃなくて

遠藤の軽い守備、そして長友の気の緩みからスルーパスを通されてる。。。

ようやく同点になったことで甘さが出た感じが・・・

一方イタリアは最後まで勝ちにこだわった。

その違いがこの結果だったんじゃないかな??

内容悪くて結果だけというのもあれだけど

内容良くて結果がついてこないのも

モヤモヤしますなぁ〜。。。

監督の采配以前に勝たなくてはいけない試合でしたね。


posted by かっちゃん at 22:41 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

スペインvsウルグアイ

スペインの初戦。

相手は、カバーニそしてスアレスという

強力な2トップを擁するウルグアイ。

でしたが、まずは無事勝利。

最近、スペクタクルに欠ける・・・

攻撃の意思が希薄なパスサッカーで

試合を無事クローズ。

ペドロのボレーがルガーノのクリアミスを誘って先制。

追加点は、ややスピード不足のカウンター。

最後はセスクのスルーパスからのソルダド(NHK風)。

ソルダードはもう少しファウルを誘うプレーはせずに

強引にシュートする姿勢を見せて欲しかったけど・・・

それにしても、豪華なベンチメンバーを擁しながら

カソルラ、J・マルティネス、マタと交代したものの

バルサメンバーが減るごとにぎこちなくなるリズム。

いい加減、他のメンバーも機能させてくれないかな?

もうデルボスケも限界だよね。

EURO2012でも勝っちゃったから・・・

首切ることも出来ないし・・・

ほぼ使割れることのないトーレスの代わりに

若い選手でも入れてくれればスムーズな世代交代も出来るというのに。。。

今のチームでは活きそうに無いヘスス・ナバスあたりもねぇ・・・。

あとはCBのバックアッパーがアルビオルというのも

他に居るだろって・・・。

EURO2008を制したときの輝きはいったい何処へ。。。


posted by かっちゃん at 22:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

コンフェデ開幕戦 ブラジルvs日本

W杯アジア予選が終わったと思ったら

もうコンフェデ開幕。

久しぶりに朝起きて日本代表の試合を見ました!

開始早々のネイマールのまぐれのようなボレー。

そういうところ・・・

やっぱりスターは持ってますね。

練習でもなかなか入らないんじゃないかな?

あんな難しいシュート。

っていきなりブラジルの凄さを見せ付けられましたが

日本もなかなかやりますよ。

カウンターからゴール前まで・・・

チャンスは作れる。

確実に今までの日本代表よりも強いと思われる。

選手達の表情を見ていると

昔の選手とは違うなという印象。

ブラジルの選手達を敵に回しても

全く臆することなく

何かやってやろうという・・・



(釜本のいる60代はあえて省略・・・)

世界を知らない50代。

世界に憧れた40代。

世界との差を感じた30代。

残念ながら俺の意識はココどまり。。。

世界のトップに立つとか全くイメージできない世代。

でも、今の若い世代って技術的にも意識的にも

更に世界との距離が近くて

試合を見てて思うことは

ブラジル相手でも勝つ可能性を感じさせるものがある。

結果は後半開始早々とアディショナルタイムに

追加点を奪われて・・・3−0という完敗なんだけど・・・

今までの日本代表で見てきた完敗とは違う気がする。

ネイマールのゴールがなければ・・・

戦い方を変えれば・・・

まあ、このブラジル戦はグループリーグの初戦だし

とにかくガチでぶつかりたくて

砕け散ったって感じじゃないでしょうか?

そんな若者達の気持ちを勝手に想像していたんだけど・・・

フジテレビの実況は最悪。(解説の小野は良かったけど・・・)

相手はダビド・ルイスやチアゴ・シウバですからって・・・

勝手に世界の壁はまだまだ高いんだぞ的な30代の意識を

今の代表にまで持ち込んで放送しないでくれますか?

そんなことで、チャンネルはNHK BS1へ。

ハーフタイム中に誰でもいえそうなことを解説している

ヒゲGK小島が若干気になったが

現地実況、解説福西ともに余計なことを言わない分、まし。

後半失点後に清武OUTで前田INくらいからかな?

なんか、ぱっとしなくなってきたのは・・・

ザックの限界とでも言うのか

やることが?なんだよね。

得点が欲しい場面で得点力不足の

いつもの布陣に戻してどうなるの?

この面子が一番無難な試合をしてくれるかも知れないけど・・・

停滞気味の流れを変えるものではなかった。

細貝の投入も・・・

2点ビハインドをひっくり返しにいく交代じゃないでしょ。

久しぶりにしっかりとみた日本代表で

ネットでたまに見るザック批判の理由が

なんとなく分かったような気がする。

20代やもっと若い世代にとっては

何でこの面子でこんな不甲斐ない試合しか出来ないんだっていう、

世界の上を見ているが故の批判なんだと思う。


とにかく、次のイタリア、そしてメキシコ戦に期待してます!!











posted by かっちゃん at 18:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 コンフェデレーションズカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする