ブログパーツUL5

2014年10月31日

現役続行

ラウルは現役続行です!

今度はアメリカ。

NYコスモスだそうです。

ペレ、ベッケンバウアー

が在籍していたらしい。

そして現在は、マルコス・セナがいる。

まだ現役だったのか・・・

マルコス・セナは一体幾つだ??

っと、調べてみるとラウルの1個上。

1つのクラブにアラフォーのおっさんが二人も。。。

とにかくサッカーを続けていたいんだろうね。

今でこそ、現役にこだわり続ける

ラウルに慣れてしまったけれど

若くしてトップスターになった選手としては

非常に異例なことだと思うんだよね。

って、ペレがモロ被り。。。

ラウルはもしかして、ペレと同じように

ニューヨークの名誉市民でも狙っているとか!?

っと冗談はさておき

同じアラフォー世代のラウル、セナ共に

がんばって欲しいものです。







posted by かっちゃん at 22:18 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

クラシコで勝ち点差1

両チーム共にコンディションが

心配だったけど、そんな中で

ベンゼマの積極性は良かったんじゃないかな?

いつも以上に気合が入っていて

ようやくブランコとして、

らしくなってきたというか・・・

続けざまにバー、ポストを叩いた

シュートの時には、思わず声が出るほどに・・・

早い時間帯にネイマールに先制されるも

その後のリアクションは非常に良かった。

まあ、上手いことピケのハンドを誘って

同点にできたのが大きかったんだけど。。。

それにしても、バルサ相手にしても

今のレアルの中盤は遜色どころか上回っていますね。

クロース、モドリッチ、イスコ、ハメス。

イスコとハメスの共存はずっと上手くいかないものと

思っていたけど、お互いが攻守のバランスを

絶妙にとることで、ここ数試合は非常に

創造性豊かでテクニカルなレアルが見れてますね。

まあ、今日の試合よりはもう少し前で

プレーするイスコの方がワクワクさせてくれるんだけどね。

イスコのプレーって常に意外性があって

非常に見ていて楽しい。

一方のハメスは派手な第一印象と異なっていて

非常に基礎技術が高い。

残念なのは右足でのプレーの少なさか。。。

右足で蹴っていればってシーンが最近の試合では

しばしば見受けられる。。。

本日のレアル堪能しました。


逆にバルサは予想通りというか・・・

中盤の駒不足が深刻。

普通のクラブに比べれば、まだまだ圧倒できるだけの

戦力が揃っているんだけど・・・

クラシコやCLが進んでいく中では厳しいかも。

長いこと、中盤の豪華さに比べてディフェンスラインの

補強を叫ばれてきたバルサだけど・・・

今一番深刻なのは中盤では無いかと思う。

シャビの代わりにラキティッチをとって

安心してしまったんだろうけど・・・

シャビ以上に劣化が激しいのが

実はイニエスタだと思う。

シャビは劣化というより、高齢化によるスタミナの問題で

コンディションさえ保って出場すれば

計算できるプレーを維持しているんだけど・・・

イニエスタの場合は、

以前のようにギャップを生み出すほどの

ドリブルの切れは無くなっているし

そもそも、トップギアでのプレーはほぼ皆無。

なにか、余力を残してのプレーに見えてしまう。

いつの間にやら30才だし・・・

長年期待し続けたシュートレベルの向上は相変わらずだし・・・

はっきりいって、バルサのスタメンを張るレベルではない。

ただ、セルジ・ロベルトの成長も見られず・・・

他は居ないからっていう消去法。

これはブスケツをあげてマスチェラーノをピボーテ

っていうのが解決策としては一番いいかも知れない。。。

セカンドチョイスとしては、かつてのバレンシア作戦。

左サイドにマテューとアルバを縦に配置する布陣。

スアレスが思いのほか、バルサスタイルに順応しているし

今シーズン完全にフィットしたネイマール。

そして、成熟したメッシ。

何処からでも点が奪えそうな・・・

これから非常に期待できるFW陣なだけに

そのFW陣へボールを供給する中盤の劣化は

非常に残念。

冬のマーケットで、運動量があって、ミドルも持っていて

パサータイプの選手を獲得しないかな??

そう、ちょうどモドリッチみたいなタイプ。。。

ひとりと言わず、二人獲っても良いくらいの現状だと思う。

それでも・・・

イニエスタをベンチにって選択はバルサには

出来ないだろうな。。。
posted by かっちゃん at 18:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

ドルトムント KAGAWA

復帰初戦、いきなりのスタメン。

1点目は香川のスルーパスから生まれるし

2点目は右からのクロスは大外に居た香川のところに・・・

そして冷静に右足を振りぬき、ゴール左隅に決める。

やっぱり相性ってあるんだなと、つくづく思う。

ユナイテッドではゴールどころかアシストすら・・・

殆ど結果を残すことができなっかというのに、

黄色と黒のユニフォーム着た香川はやっぱり輝く。


後半、脚を気にする香川。

ユナイテッドで90分走り続けられる体力も

失ってしまったのか??

19分ラモスOUTの予定が・・・やっぱり香川がOUT。

後半20分も経たないうちに脚がつったらしい。。。

両脇を抱えられながらケンケンで退場。

もう少し格好良く交代して欲しいものだが・・・

それでも早速の1ゴール。上々の復帰戦でした。
posted by かっちゃん at 00:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

動きすぎ

レアルが2節目にしてもう黒星。

しかも2点を先行していながら、逆転されてのショッキングな敗戦。

そんな衝撃的な試合の後だって言うのに・・・

ってか、リアルタイムで2節を見ることが出来ずに

数日間サッカー情報を一切遮断していた俺が悪いとも言うが・・・

ディ・マリア、シャビ・アロンソの移籍だけでも

こっちは手一杯だというのに・・・

香川、チチャリート、ファルカオ、ウェルベック、サビオラ、F・トーレス、ネグレド・・・

その他誰よ〜?

移籍期限ギリギリで数選手が動くのは毎年のことだけど

これだけのビッグネームがこれだけ動くのも珍しい。。。


仕事と一緒でひとつずつ片付けていかないとね。

まずは、レアル絡みから

ディ・マリアどうよ!?

って、アノエタでの敗戦で既に言われてる。

中盤をドリブルでアクセントをつけられる選手が居ないって。。。

そして、X・アロンソが抜けてバイタルにぽっかり

穴が空いちゃっているって。。。

誰もが予想できる結果。

昨シーズンの非常に重要な存在だった

二人を放出しちゃった。。。

でも、スタメンの中で放出しても問題ない二人を選ぶとすると・・・

GKのD・ロペスは既に居ないから除外するとして

1番は右SBのカルバハルか?

その他は・・・ヴァランが居るとはいえペペが抜けるのも痛いし。

本当に代えの効かない選手ばっかり。

CL連覇するためには、どんなに強いチームであれ

絶対的に変化が必要だと考えると

スタメンのうち二人くらいは入れ替えないと。

そこで、年齢を考えるとX・アロンソの放出は納得がいくし

ディ・マリアは非常に高額で売ることが出来た。

まあ、世間は二人を残した上での+αを考えているんだろうけど

ベンチをいくら変えても変化はそれほど大きくならないよね。。。

っと、ディ・マリアの放出は大反対だったけど

自分の中では強引だけど納得することにした。

これでCL連覇できなかったら、やっぱりって

大爆発しちゃうかもしれないけどね。。。

そして、最後にやってきたチチャリート。

最初はベンゼマの控えという扱いだろうけど

ベンゼマとは明らかにタイプが違うから

アンチェロッティにとっては攻撃のオプションが

間違いなくひとつ増えたよね。

ベンゼマを引っ込めると、ロナウドとベイルの2トップに変更って

パターンが多かったけど、3トップのまま行くことも可能になった。

2トップになってもディ・マリアが居れば

サイドからの攻撃が極端に減ることは無かったけど

サイド攻撃だけを考えてもチチャの獲得は良かったと思う。


っと、期限ギリギリの移籍は玉突き事故ですね!?

ファルカオに押し出されたチチャリートはレアル。

そしてウェルベックはアーセナル。

D・コスタに押し出されたF・トーレスはバロテッリの後釜としてミランへ。

まあ、押し出された選手は

元のクラブでは微妙な存在だっただけに

新天地で活躍して欲しいですね。

謎だったのはネグレドのバレンシア移籍。

ファルカオを獲得できなかったシティを出る必要は

全く無かったんだけど・・・

何だろうね?ホームシック??


で、ラストは香川ですよ。

ドルトムントへの復帰。

怪我人続出で中盤が一気に薄くなった

ドルトムントだけど・・・

ファンはかつての香川を知っているだけに

期待が大きい分、プレッシャーも大きいし

機能しないときに見限るのも早いんじゃないかと・・・

非常に心配。

それだったらリーガに挑戦して欲しかった。

バレンシアって話もあったけど

そもそも基本フォーメーションにトップ下というポジションは無いし

あったとしてもパレホが入るだろうし・・・

セビージャやビジャレアル、ソシエダ、マラガあたりから

話があれば、そこそこ面白くなりそうだけどねぇ。



かな〜り雑に感想書いてみました。。。


posted by かっちゃん at 21:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

アトレティコ・マドリード移籍情報

まずは移籍が多かったFWから・・・

ジエゴ・コスタ、ビジャ、アドリアン・ロペス、ジエゴ

FW陣ごっそり居なくなるって感じ。

ジエゴ・コスタの穴はバイエルンからマンジュキッチを獲得したことで

何とかなりそうだけど

ビジャとアドリアン・ロペスの代役を探すのは

意外と難しいかもしれない。

常にスタメンって言う扱いじゃなかったけど

大事な場面で活躍してくれたからね〜。

こういうしっかりとした脇役がいたからこそリーガ制覇できたんだよね。。。

派手じゃないけど確実な補強をして欲しいですね。


MFでは、ホセ・ソサは居なくなったけど

主力のガビ、コケが契約延長。

アルダ、ラウール・ガルシアあたりも残留だよね。

あとはチアゴにはチェルシーが関心を寄せていたけど

どうなったのかな?

チアゴ残留となれば、MFは戦力の確保に成功したといえる。


DFは、フィリペがチェルシーに移籍。

ファン・フランは残留確定。

ゴディンは残留するって発言があったし・・・

ミランダの移籍の噂はどうなったのかな?

ミランダが残留なら、MFのスタメンがほぼ残留していることもあるし

昨シーズン同様にハイプレススタイルを維持できるんではないかと。


あとは正GKですね。。。

”正GKの座を約束”って

モウリーニョの甘い言葉にだまされて、クルトゥワは

チェルシーへの復帰を決断したみたいだけど・・・

当然チェフとの争いは避けられない訳で・・・

でも、クルトゥワにしてもチェフにしても

控えって言うのはさすがに耐えられないだろうねぇ。

っと、アトレティコから話がそれましたが、

ベンフィカからオブラク、ヘタフェからモジャを獲得したので

正GKは昨シーズン控えだったアランスビアも含めて

3人で争うことになるのかな?

クルトゥワの後だけに、ハードルが高いよね。

アランスビア、モジャともに実力が見えているだけに

ベンフィカの正GKの座を確保した

若いオブラクの伸びに期待したいですね。


ここまでは思いのほか戦力を維持できているのかな?

FW陣の入れ替わりは凄まじいものがありますが

GKが安定してくれることが前提の上で

マンジュキッチが期待通りゴールを量産すれば

今シーズンも強いアトレティが見られそうな予感!?


posted by かっちゃん at 00:24 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする