ブログパーツUL5

2013年09月30日

アトレティコ完勝

首都決戦、マドリードダービー。

ついにレアルを倒すときが・・・

今までも、期待が高まったシーズンはあった

しかし、苦手意識というのか・・・

予想以上に早い失点だったり

ありえないようなミスからの失点があったりと

運にも恵まれず、レアルに勝てずに14年間。

が、今節、敵地サンチャゴ・ベルナベウで

14年ぶりにレアルを撃破。

スコアは0−1だけど

内容だけを見れば圧勝。

D・コスタとコケがあのビッグチャンスで

追加点を決めていれば、試合はもっと一方的になっていた

可能性もあるくらい。。。


それにしてもレアル・・・

アンチェロッティとしては

未だチームとしての連携が不十分な状態だったから

まずは、守備を固めるってことで

右SBにはアルベロア、

中央にはカウンターを意識して

縦パスを供給できるイジャラと

フィジカルで負けないケディラをチョイス。

この采配は思いのほか効果を発揮せず・・・

攻撃がまったく機能せずに

アトレティコに先制点を奪われる。。。

後半に入って、イジャラに代えてモドリッチ。

この交代は良かったと思う。

で、もうひとつの交代は

ディ・マリアに代わってベイル。

ベイルを投入しないで負けたときには

すぐにでもアンチェロッティの首が飛びそうだけど・・・

モドリッチを入れて、3歩進んだ連動性が

ディ・マリアOUTで2歩下がるって感じだよね。。。

ベイルの一発に掛けるのみという

この交代は当然のように不発に終わる。

ベイルがボールに触る回数も少なく

何のためにピッチに居るのか甚だ疑問。

で、ラスト1枚の交代カードは

イスコに代えてモラタ投入。

ブーイングが凄まじかったねぇ。

ベンゼマを外せっていうブーイングだったらしいけど

この試合に限って言えば、ベンゼマだけでなく

C・ロナウドだって消えている時間が長かったでしょ!?

まあ、今の状態でイスコを外すのは

さらに連動性の面ではマイナスなのは明らかなんだけどね。

だけど、残ったベンゼマとモラタの連携は

前半のベンゼマとC・ロナウドの組み合わせより

断然良かったと思う。

これはベンゼマを残した唯一の収穫ともいえる。

4−4−2に拘るならば

やっぱり、C・ロナウドは2トップではなく

左サイドで起用した方が相手にとっても脅威になるし

本人もその方がやりやすいでしょ。

で、反対サイドはディ・マリアかベイルってなると、

イスコの場所は・・・2トップって言うのはどうですか?

ベンゼマまたはモラタとイスコを組ませる。

縦関係の2トップもありでしょう。

4−4−1−1(4−2−3−1に近いかな?)。


  ケディラ  モドリッチ

ディ・マリア   C・ロナウド
 (ベイル)  
      イスコ

      モラタ


これが、多分マドリディスタの希望を叶える

最適な布陣ではないかと・・・

どうでしょうか?

いずれにせよ、早く最適の布陣を見つけて欲しいものですね。

これ以上、バルサ、アトレティコと勝ち点で離されると

クリスマス前にTHE・ENDなんて事態にも

なりかねないから・・・。


あとは、やっぱり書かなきゃならないのは

この試合で唯一の得点を決めたD・コスタでしょ!?

リーガで絶好調、7試合で8得点だっけ?

スペイン国籍取得でスペイン代表に召集するかどうか?

今まさに旬の話題。

個人的意見としては・・・

絶対、スペイン代表に召集して欲しいっ!!

あのゴリゴリ感は堪らなく魅力的。

時に小奇麗過ぎるほどのパスサッカーで

ボールはキープしているものの

ゴールに迫る迫力に欠ける今のスペイン代表を

別次元の強さへと導いてくれる存在ではないかと・・・。

あの鬼気迫るようなプレースタイル、

そして何より、あの風貌からは予想も付かないほどに若いっ!

何せメッシのいっこ下の24歳。

未知なる化学反応、そして更なる成長。

なんとも魅力的。

トーレス、ソルダード、ネグレド、ビジャ、ジョレンテ、ペドロと

今ひとつ、FWの柱に成りきれない。

使われることの無い。FWを3人呼ぶくらいなら

D・コスタだけ呼んで、余った枠に

日の目を見ない中盤の実力者達を代表に呼んであげたらどうだろうか?

ねぇ、デブ・ボスケさん?


posted by かっちゃん at 22:29 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

エジル・・・

衝撃でしたね。

ほぼ、エジル情報は話題になっていなかったと・・・

俺の周囲ではだけどね。。。

ベイルが来たと思ったら

エジルがアーセナルに移籍決定。

おまけにカカもミラン復帰してるし・・・。

びっくりしたよ。ホント。

リーガ2節に途中交代で

不貞腐れてベンチに行かず、ロッカールーム直行したときには

既にアーセナル行きが決まっていたのかね?

それとも、迷っていた中で、あの途中交代が決定打になったのかな?

開幕戦ではディ・マリアがベンチでエジルはスタメンだったよね。

それが、3節になると立場が逆転?

スタメンの変動は、まだ、

アンチェロッティの試行錯誤の最中だからかと

思っていたけど・・・。

それにしても、ベイル獲得はジダンが熱望していたようだし

エジル放出もジダンが了解したのかな?

そうだとすると・・・ジダンの目を少し疑うな。。。

どちらかというと・・・

守備にも貢献できるディ・マリアの方が好みだけど

アシストという数字での結果で言えば、エジルがチームNo1だよね。

その、得点源であるエジルをこうも簡単に放出するとは・・・。

C・ロナウドとベイルならアシストは必要ないということか?

個人で打開して得点を奪えると?

ん〜。

確かに他の選手に比べれば、アシストを必要としない二人ではあるけどねぇ・・・


移籍したエジル本人はというと・・・

信頼を求めての決断?

信頼はあったでしょ!?

常にフルタイム出場したい?

モドリッチ、ディ・マリア、イスコ、C・ロナウドが居るチームだよ!

無理でしょ!レアルに居るんだから。。。

アーセナルのサッカーの方がフィットするなんて意見もあるけど

なら、なぜレアルに来たんだ??

単なる我侭な子供の言動にしか聞こえない。

あのW杯で活躍したエジルが

レアルに来たときには、そりゃあ期待も大きかった。

期待が大き過ぎたゆえに・・・

正直、今回のエジルの決断にはがっかりさせられた。

まあ、移籍を認めたクラブ側に一番がっかりしたけどね。。。


けど、アーセナルで出場機会は増えるんだろうね?

カソルラ、ロシツキー、ウィルシャーも居る。

中盤のクオリティは

レアルに引けをとらないレベル。

まあ、仮にプレータイムが増えたとして、

レアル時代よりもアシスト数が増えるかは疑問。

レアルにはC・ロナウドをはじめベンゼマ、イグアインまで居た。

一方、アーセナルにはジルー、ウォルコット、ポドルスキー・・・

FW陣には決定力の違いを感じてしまう。


と、まあ、いろいろ書きましたが

まとめると・・・

エジル、何で移籍してしまったんだ?ってことです。


あれれ?エトーもチェルシーに決まってますね。。。

今シーズンは、期限間近にビッグネームがいろいろと動きましたね。


posted by かっちゃん at 01:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

軍曹!?

最近のペペってケロロ軍曹に似てきてる気がする。。。keroro.jpg

posted by かっちゃん at 23:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

RAUL EL7 〜王の帰還〜

ロード・オブ・ザ・リングのような

サブタイトルですが・・・

ラウルのサンチャゴベルナベウ帰還記念試合です。

トロフェオ・サンチャゴ・ベルナベウ。

レアル・マドリードvsアル・サッド。


ラウルは前半レアル、後半はアル・サッドで出場。


中盤に下がって、ボールつなぎに参加するラウール。

ディフェンスラインまで戻って守備するラウール。

シュートのこぼれを抜け目無く狙っているラウール。

そして、ボールを持ってCKへ急ぐラウール。

カウンターには付いていかない(付いていけない)ラウール。

狙いすましたシュートが外れて悔しがるラウール。

すべてが、懐かしい・・・ラウールのスタイル。

オーバーヘッドを狙うという珍しいシーンもありましたが、

これはこれで貪欲にゴールを狙う

ラウールらしさがあったように思う。

そして、このラウルのサッカーのテンポと言うか・・・

自らが中盤に下がって

攻撃のスイッチを入れるかのようにボール回しに絡んで、

そこからスピードアップしてゴール前に詰めていくという

このスタイルがやっぱり好きなんだなぁと

つくづく実感しました。


で、待望の瞬間は前半22分。

マルセロ、カカあたりもラウールへのアシストを狙っていた感じがアリアリでしたが

ラウールのゴールを見事アシストしたのはディ・マリアでした。

最初のゴールはラウールに取らせるという

暗黙のルールがあったのか・・・

この試合初のゴールがラウールのゴール。

ディ・マリアのダイレクトパスも見事でしたが

ラウールのファーストタッチもシュートにつながる見事なタッチでした。

おもわず・・・

FW不足のレアルに復帰して欲しいと・・・


前半だけで大満足の記念試合でした。

これも、各選手から伝わってきたラウルに得点を取らせようという心遣い。

そして、何よりC・ロナウドが普段よりも大分控えめに

黒子に徹してプレーしてくれたという配慮があったから。

いつの間にやら、C・ロナウドも大人になっていました。


ラウル目線以外の感想としては・・・

GKのスタメンはカシージャスだったんですが・・・

前半40分頃にスタンドからどよめき。

D・ロペスがアップ開始。

それでも、後半D・ロペスが登場したときには

スタンドからは拍手。

マスコミで騒がれているよりは

ベルナベウのファンはD・ロペスのことも

認めているようでしたね。


後半はカンテラ出身の若手メンバーが多くなったレアルですが

微妙な出来でしたね。

パスが繋がって連動性はUPしたように見えるけど

相手に脅威を与える攻撃ではなかった。

パスに逃げているようにも見えたりして・・・

イスコのゴールの後は、なかなか得点も奪えず

逆に、ラウルを中心としたアル・サッドの

カウンターを何度受けたことか・・・。

終盤にPKでベンゼマ、そしてヘセのゴラッソ

最後はカウンターから再びヘセのゴール。

後半だけで4−0という結果。

でしたが・・・

アンチェロッティは試合途中も意外と不服そうな顔してましたね。

アンチェロッティにとっては単なるラウルの帰還記念試合というだけではない

いろいろなテストを兼ねた試合だったんだと思いますが・・・

なかなか良いところを見せてくれた選手が少なかったような気がする。

そんな中で良かったのは、ディ・マリアですかね。

ラウルへのアシストも含め、前半のチャンスの多くに絡んでいたと思います。

開幕戦ではスタメンから外されているだけに良いアピールができたんじゃないかな?

あと気になった点はエジルの髪型ですね。

サイドの刈り上げにライン、そして前髪にメッシュ入れた?

なんだか、プレー面以外での成長が著しいようで少し残念です。

ベンゼマの髪型に関してはスルーしておきます。

ベイルの加入間近とあって

攻撃陣にはもっと気合を入れて欲しかったですが・・・

所詮、親善試合ですからね。。。

アルサッドの選手は一人負傷?交代したようで気の毒ですが

レアルの選手は怪我なく終わったようで何よりでした。




posted by かっちゃん at 22:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ベイルのレアル入り決定!?

一応「?」をつけましたが・・・

ほぼ決定のようですね。

いったい何処で使うのか・・・。

アンチェロッティが望んだ移籍なのかね??

ペレスのいつもの無駄遣いなんだよね、きっと。

普通に考えれば

ポジション的には左サイドだから

C・ロナウドとモロ被り。。。

フィジカル重視なところも被ってますが・・・。

やっぱりC・ロナウドをトップに上げるの?

全くもって、必要の無いポジションに必要の無い金を使うとか・・・

ホントにこの不景気な世の中であり得ないような話です。

となると、ディ・マリアに続いて

エジルかイスコがやっぱりはじき出されるんだろうね。

獲得しといて、ベンチ要因ってことには出来ない額だからね。。。

せめてカカの放出後とか・・・

CFを確保してからとか・・・

あ〜

それでもありえないわ。。。

他に補強しなきゃならないポジションは

あるんだけどなぁ。

しかも、リーガでの活躍は未知数だし・・・

ロナウドタイプは好きじゃないんだよな。。。

すげぇ〜!とは思うけど

上手っ!って思うプレーしないもん。

アンチェロッティだって10番タイプが

お好きでしょうに。

ここまで金掛けて補強しておいて

これほどワクワクしないのも珍しい。。。

金額相応の活躍って言ったら

C・ロナウド並みってことだよね。

リーガで40点。

二人合わせてシーズンで80得点という計算ですね。

って、野球の各ピッチャーの勝利数を積み上げて

シーズンの勝利数を予想するのとは訳が違う。

サッカーは・・・

ベイルがボールを持つ機会が多くなればなるほど

C・ロナウドにはボールが回ってこなくなるんだから。。。

バルサでもメッシが居ることでビジャの得点が以前より減ったでしょ!

で、ビジャはアトレティコに移った。

で、C・ロナウドはマンUに戻った。。。なんて。

冗談言ってる場合じゃなくて・・・

とりあえず、ベイルにはそもそも大きな期待はしていないので

リーガで10〜15点 + アシスト5〜8くらいで

大成功なんじゃないですか??

って、意外と期待してる数字かな。。。

更に、昨シーズンのモドリッチじゃないけど

大事な試合で大事な一発でも決めてくれれば

大々成功ですね。







posted by かっちゃん at 23:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする