ブログパーツUL5

2010年07月07日

決勝戦の一枠はオランダ

2010ワールドカップ準決勝

オランダvsウルグアイ。

試合の入りは、ウルグアイに分があるように見えたけど・・・

試合前のオランダ有利という大方の予想通り

先制点はオランダ。

ファン・ブロンクホルストの信じられないようなゴール。

バルサ時代でもあそこまで凄いゴールは記憶にないような・・・

この先制点で、オランダがペースを落としたのか?

ウルグアイも、これぞフォルランという豪快なミドルで

同点に追いつく。

フォルランをあの位置でフリーにしたら・・・

ミドルで決めちゃうよねぇ〜。

誰も寄せに行ってない・・・。

このフォルランのミドルが決まった後には・・・

準決勝の予想をしなくて良かったと・・・

それくらい、完全にウルグアイに流れが・・・。

オランダがボールをキープしているものの

ウルグアイが虎視眈々とカウンターを狙うという・・・狙い通りの展開。


それでも追加点は、オランダに。

スナイデルのシュートはウルグアイDFをかすめ

ゴールネットを揺らす。

オフサイドっ!!

ウルグアイDFをかすめて抜けたボールに、

ファン・ペルシが角度を変えようと・・・空振り・・・

ボールはそのままゴールへ。

ファン・ペルシは明らかに、ボールに関与してる。。。

でも・・・空振りだから・・・お咎めなし?

だとしたら、不調のファン・ペルシでラッキーだったオランダ。

ウルグアイにとっては手痛い失点。

この後、ウルグアイの気持ちが一瞬切れ掛かったのか・・・

3分後には、ロッベンのヘディングが決まって3点目を許す。

ほぼ、試合が決まったロスタイム

ウルグアイも意地を見せる。

ロスタイムのセットプレーで・・・意表を付いたサインプレー。

良いなぁ〜ウルグアイ。

ただでは負けないという気持ちが・・・。

試合は3−2のまま、タイムアップ。

オランダ決勝進出。

ウルグアイはチームの良いところが随所に見られたけど敗退。

一方、オランダは・・・それほどの出来じゃないけど・・・勝利。

このあたりが、地力の差って言うのかな??


過去の大会のオランダの方が魅力的なサッカーしてたけど・・・

決勝には手が届かず・・・

今大会のオランダは、決して魅せるサッカーはしていないけど・・・

決勝進出という・・・なんとも、サッカーって分からないものです。

何はともあれ、

先制点を決めたジオの現役最後の試合はワールドカップ決勝戦に持ち越し。

果たして、どんな結末?・・・ジダンと同じだったりして!?


posted by かっちゃん at 21:01 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010 W杯 南アフリカ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

超えた壁の先は闇? 〜スペインvsパラグアイ〜

2010 ワールドカップ 南アフリカ大会

準々決勝、最後の試合。

スペインvsパラグアイ。

試合は、戦前の予想とは裏腹に

スペインはかなりの苦戦を強いられた。。。

俺の予想は4−0勝利。

まあ、こんな展開になったら最高だなという・・・

ある意味、無茶な願望だったけど・・・

ここまで、上手くいかないスペインを見るとは・・・

前線にボールが納まらない・・・

ここまでくると・・・

先発にトーレスという選択もそろそろ限界のような・・・

はっきりいって、トーレスの先発起用は

交代カードを1枚無駄にしているくらい・・・

上手くいってない。

ジョレンテのスタメン待望論はデル・ボスケには

気に入らなかったのか・・・

それでもトーレスを信用していたのか・・・


DF陣は・・・ピケの不調?

かなり相手のマークにてこずった感じが・・・

何度、マークを外して、危険な場面でをつくられたことか・・・

パラグアイのPKもピケが・・・振り切られそうになって・・・

日韓大会のアイルランド戦でのイエロを思い出させるような・・・

ここまで、自信のなさそうなピケもめずらしい。

バルサでのピケには見られない姿。

カシージャスの攻守で何とか救われたものの・・・

その後・・・シャビ・アロンソまでPK失敗。

スペインのキッカーのファーストチョイスは

アロンソよりも・・・ビジャのほうが

何故か安心して見ていられるんですけど・・・


ストロングポイントであった

中盤もパスをまわすこともできず・・・

横パスは完全に狙われて・・・カウンターの餌食。

セスクを入れた頃は、パラグアイの疲労もあって

パスがようやく繋がりだしたけど・・・

今大会、初戦のスイス戦、

敗れはしたけど、シルバがいる中盤の方が

良かった気がするんだけど・・・

スペインが一番攻撃の形を作れた試合のような・・・

それ以降は何故か、2トップに変更。

EUROのときのスペインは間違いなく

1トップで、中盤の構成力で圧倒したと思うんだけど・・・


まあ、いずれにしても、ビジャの得点で

何とか、ベスト4までたどり着いた。


確かに相手に恵まれたのかもしれない・・・

でも、過去に何度も超えられなかった準々決勝。

この勝利でそろそろ覚醒してもらわないと・・・

次の相手は、今のところ最強と思われるドイツ。

パラグアイ戦のような試合をしたら・・・

イングランド、アルゼンチン同様に

4点、5点取られての惨敗もあり得る。

ここからギアを1段階、いや2段階くらいあげないと

今のドイツには歯が立たないと思う。


posted by かっちゃん at 12:24 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010 W杯 南アフリカ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人の限界 〜ドイツvsアルゼンチン〜

いや〜 3−1ドイツ勝利という予想を上回る

ドイツの4−0圧勝でした。

TBSで見たんだけど・・・

金田さんの言うとおり

メッシのポジションがもう少し高い位置なら・・・

もう少し、メッシの役割を

前線に専念させてやることが出来れば・・・。

ゲームメイカー不在。

ここが、今回のアルゼンチンのウィークポイントだった。

アタッカーはホントにホントに超一流揃いなんだけど・・・。

そのために、攻撃の殆どが個人での打開。

スペースを空けるとか・・・

身体を張ってポストになるとか・・・

無いんだよね〜。

アルゼンチンの初戦で感じた

偽りというか・・・脆さが証明されちゃった感じ。



それにしても・・・

ドイツが強いっ!

守備のバランス・・・そして攻撃への切り替えの速さ。

絶妙のタイミングでのフォローの上がり・・・

動きに無駄がない。

やろうとしているサッカーの共通理解というか・・・

完璧すぎて・・・今日の試合では

ドイツの弱点が全く見えなかったような・・・

本当にいつの間にドイツはこんなに強くなっていたのか?

EURO2008準優勝のときのドイツと比べて

格段に強くなってる。

わずか2年でこの完成度。

レーヴ監督の手腕も見事。

ドイツの圧勝すぎて・・・

興奮度からいけば・・・期待外れの一戦でした。



ちなみに

大会も終盤に差し掛かったところで・・・

インパクトのあったチームは・・・

ドイツとオランダに負けたブラジルですね。

この対戦を見たかった。

かなりハイレベルな試合になったんじゃないかな・・・。



さ〜て、この後スペイン戦。ひと眠りしま〜す。


posted by かっちゃん at 01:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010 W杯 南アフリカ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

罪を犯して・・・英雄 〜ウルグアイvsガーナ〜

W杯準々決勝、2試合目。

ガーナvsウルグアイ。

アフリカ勢初のベスト4を狙うガーナか、

それとも

40年ぶりにベスト4を狙うウルグアイか。


お互い堅い守りにカウンターという似た感じのスタイル。

地味な試合になるのかと・・・。

私が間違っておりました。

こんな悲しい結末の試合になるとは。。。



先制点はガーナのムンタリ。

ウルグアイペースで進んでいたところでの

いきなりのロングシュート。。。

アメリカ戦に続き・・・2試合連続・・・

またしても信じられないようなガーナの得点。

こうなると、偶然の一発じゃない?

もしかして、アフリカネイションズカップって

こんなゴール連発なのかも?



その後、後半にウルグアイは

FKをフォルランが直接決めて1−1振り出し。

試合はそののまま90分終了。



延長戦突入、

前後半とも得点のチャンスを生かせず・・・

PKの予感が漂う中・・・ガーナの怒涛の攻撃。

ゴール前での激しい攻防。

ガーナがシュート!ウルグアイのブロック!

ガーナのシュート!! またブロック。。。手で。。。

ルイス・スアレスのハンド。



敗戦を意味する、この時間帯でのゴール。

スアレスは反射的に手が出た・・・



ガーナにPKが与えられ・・・キッカーはアサモア・ギャン。

ガーナ勝利は目前。


・・・がく〜(落胆した顔)


ギャンのシュートはクロスバーを叩き失敗。


グランドを後にしていたスアレスが

飛び跳ねて喜ぶシーンが何とも可愛げな。。。


延長戦は、そのまま終了でPK戦突入。

スタジアムは完全にガーナのホーム状態なんだけど・・・

直前に勝利を逃したガーナ。

直前に敗戦を逃れたウルグアイ。

精神状態ではウルグアイ有利なのは間違いない。


フォルランが冷静に決めた後の

ガーナの一人目は、なんと・・・ギャン。

恐るべき精神力。

ギャンがこのPKを決めれば・・・

もしかして、流れは一気にガーナに傾くんじゃないか・・・

という予感は・・・ものの見事に・・・外れ。

ギャンは決めたけど・・・流れは変わらなかった・・・


結果はガーナは3人目のジョン・メンサー、

4人目のアディアーも失敗で・・・ウルグアイの勝利。


英雄ルイス・スアレス

あのハンドが無ければ・・・ウルグアイの勝利は無かった・・・

あのハンドが無ければ・・・ガーナにこんな悲しみは無かった・・・


ウルグアイ勝利という結果で・・・

ウルグアイの英雄には

次節出場停止以上の重い罰が

きっと下されるんじゃないかと・・・。


一方敗れたガーナは・・・ギャンは・・・

ギャンはどうなるんだろう?

アフリカ全土から・・・戦犯扱いを受けるのか・・・

日本の駒野のように暖かく、迎えられるのか・・・

アフリカってどうなんだろう・・・



何とも、見ている人を

いろんな意味で悲しくもさせた試合でした。



続きを読む
posted by かっちゃん at 21:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010 W杯 南アフリカ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これぞっ!ワールドカップだっ!! 〜オランダvsブラジル〜

なぜだ?

なぜだ?

なんでブラジルが負けたんだ?

前半はブラジルが完璧な試合運び。

正直、直前に2−2という予想をしていた事が

恥ずかしくなるくらい・・・

オランダは手も足も出ず・・・

ここからオランダはどうやって点を取るんだろうか?と。

全く、オランダには得点の予感どころか

攻撃の糸口すら無かったのに・・・。


オランダの1点目は後半、

セットプレーから

スナイデルがすぐさまリスタートし・・・

ロッベンから戻されたボールを

スナイデルが左足でゴール前へクロス。

フェリペ・メロとジュリオ・セザールが交錯し・・・

記録としてはフェリペ・メロのオウンゴール。

オランダは奇跡的に同点に追いつく。

それでも、

ブラジル勝利は揺るがないはずだった。

それなのに・・・次の得点もオランダ。

オランダの追加点は、またしてもセットプレー。

ロッベンの蹴ったCKをカイトが薄くすらして・・・

スナイデルのヘッド。

ブラジルにとってはまさかの逆転劇。

俺の中では・・・

俺って、もしかして預言者???

キーマンはスナイデルって大当たり!!

さらにオランダの2得点を予想したことが・・・

自分でも怖い・・・

これで、2−2という予想が俄然現実味を帯びてきたところで・・・

フェリペ・メロの一発レッド!

退場!!

完全なレッド。。。

そういえば、これもワールドカップ名物だったっけ。

大事な試合で、とんでもない失態。

それほど、選手たちは極限状態になっちゃうんだろうけど・・・。

ここからはブラジルがブラジルらしからぬ

焦りようで・・・前半のブラジルからは程遠い・・・

雑なパスを連発。

冷静になれば・・・

何度かチャンスを作る時間は

充分に残っていたはずなのに・・・。

2−1でオランダ大逆転勝利で終了。



ベスト4をかけた戦いの1試合目にして

南米勢の牙城崩れる。。。

オランダの奇跡。

まだ、信じられませんが・・・オランダ勝利だよね?



いや〜強豪国同士の試合ってやっぱ凄まじいです。

緊張感というか・・・緊迫感というか・・・



あっそうそう。

この試合を捌いていたのは、

我らが日本の西村雄一レフェリーですっ!

って、俺が偉そうですが・・・

いや〜こんな大変な試合でしたが

西村主審お疲れ様でした。

ナイスジャッジでした。

前半終了間際のマイコンのシュートは

オランダGKの手に当たってたのに、

ゴールキックという小さな判定ミスはあったものの

それ以外の場面では、パーフェクトだったんじゃないですか。

マイコンやロビーニョの審判に圧力をかけるような行為にも

毅然とした態度で・・・良かったです。

決勝戦でもレフェリングすることを期待してますっ!



と、ブラジル敗戦の理由がわからないので

最後は西村さんで締めて(逃げて?)みました。。。



posted by かっちゃん at 01:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2010 W杯 南アフリカ大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする