ブログパーツUL5

2014年07月15日

レアル・マドリード移籍情報

OUT確定情報は

今のところ無いのかな?

さすがに、CLを獲得したメンバーですからね・・・

微妙な情報としては

モラタ、ディ・マリア、ケディラあたり。

モラタは複数のクラブの名前が出てきていたけど

ユーベが濃厚なのかな?

そうなると、ジョレンテの控え?

もっと、出場機会の多そうなクラブへ移籍したほうが

本人のためだと思うけど・・・。

でも、モラタ放出ということは、CFを新たに獲得するということだよね。

はてさて、誰を獲得するのやら。。。


ディ・マリアの放出は噂だけであって欲しい。

ハメス・ロドリゲスを獲得してディマリア放出とかは

正直、俺の中ではあり得ないくらい馬鹿げた話。

ビジネス的にはハメス・ロドリゲスの方がユニホームを売れるだろうし

収入が増えることは考えられるけど

単純にディ・マリア放出は完全な戦力ダウン。

そもそもハメスは決定的なパスも出せて、自らもゴールできるという点では

ドリブルを多用してクロスをあげるディ・マリアより

イスコにタイプが近い印象。

ハメスとイスコを比較すると

イスコはより狭いエリアでの足技に長けた印象があるけど

ハメスの動きの方が少ないパスで高速カウンターを仕掛ける

レアルのスタイルには合っているのかな??

けどね・・・

ハメス・ロドリゲスはW杯では大活躍だったし

モナコではレギュラーとして活躍しているようだけど

仮にレアルに入ったらシーズン通しての活躍は微妙でしょ!?

そうであるならばイスコの更なる成長を期待したいけど。。。


ケディラ放出もマイナス要素が大きい。

今のレアルはしっかり守ってカウンターというスタイルだけに

しっかり守って更にゴール前にも飛び出せる

ケディラは非常に重要な存在になると思うんだけど。。。

高さも魅力だし、ガツンといける唯一の存在だしね。

昨シーズンは怪我、そしてイマイチ代表ほど活躍が

クラブでは見られない印象はあるけど

少なくてもあと1シーズンは待ってあげてもいいと思う。


IN確定情報も今のところ無いのかな?

微妙な情報としてはクロースの獲得。

これは是が非でも成功させたい。

今のカウンター主体のスタイルであれば

年齢的にも厳しくなってくるであろうX・アロンソ

の代わりとしてロングフィードも可能なクロースの

獲得はレアルにとっては非常にプラス。

X・アロンソの後継者としては

昨シーズンにイジャラメンディを獲得したけど

1シーズン試したもののまだまだ力不足。

そうなると・・・イジャラメンディ放出がちらつくところだけど・・・

クロース加入で一気に化けるなんて事を期待したりもして・・・

例のごとく飼い殺しの可能性もあるけど・・・

ディ・マリア、ケディラ、アロンソ、イジャラ

イスコ、カゼミロ、モドリッチ、クロース。

さすがに3つのポジションに8人ではダブつくよね。。。

カゼミロはレンタルか放出したんだっけ!?

それでも7人。

クロースとるならイジャラはいらないか・・・。

4−3−3から4−4−2にシフトすれば

問題なくなるのかな??


その他はイエロのアシスタントコーチ就任。

これは非常にうれしい情報。

これでペレスが居なくなれば

ラウールの帰還の準備は整ったといった感じなんだけど。

ラウールの監督就任は今しばらく待つとして

そのまえに監督グティということで。。。

1,2年後あたりにはグティは監督をやる資格を取っているのかな??
posted by かっちゃん at 22:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

ドイツ24年ぶりチャンピオン

ドイツですら24年ぶり。

ああ、スペインの次のタイトルはいつになることやら。。。

っと、今はスペインのことは置いといて・・・

素直にドイツおめでとう!

それにしても、アルゼンチンもかなり善戦しましたね。

前半ラベッシが居る時間帯には

結構、ドイツのDF陣もてこずっていたように感じたけど・・・

後半に入ると何故かラベッシは交代でした。

イグアインにも絶好のチャンスがあったんだけど・・・

と、決定的なチャンスの数ではドイツを上回っていたんじゃない!?

でもまあ大会通じてのパファーマンスをみると

ドイツ優勝は納得いく結果。

ユーロ2008で予想外にも好成績を残してから

有望な若手が次から次へと・・・

W杯2010、ユーロ2012では

完全なる優勝候補でありながら

取りこぼしていたから・・・

レーブにとっては本当にうれしいタイトル。

今回タイトルを逃していたら、

これだけのタレントを揃えておいて・・・

なんて感じで、レーブ批判が出ていたと思う。

それだけの面子が今のドイツには揃っているんだよね。

ただ、次のユーロは間違いなく優勝候補ではあるけど

次のW杯まではやはり難しいかもしれない。

クローゼは当然として・・・

ラーム、シュバインシュタイガー、ケディラ

あたりが居なくなる。

技術的には同等の選手が出てくる可能性もあるが

ラーム、シュバインシュタイガーがチームに

与える影響は今大会でも大きかったと思う。

そして、ドイツ代表でアンタッチャブルな存在である

エジルの今後が非常に気がかり。

今大会では、期待したほどの活躍はなかった。

前回大会ではエジルこそドイツサッカーの象徴のように感じたけど

今大会の印象は一人だけ取り残されたような・・・

少しだけど明らかにズレを感じる。

これからもアンタッチャブルな存在として扱ってしまうと

チームの癌になる可能性を孕んでいる気がする。

クラブでどんなに活躍しても、代表チームでフィットしなければ

エジルといえどもベンチもしくは召集しないという

決断を今後の監督が出来るのかどうか!?

まあ、取り越し苦労で

今回はたまたまフィットしていなかっただけなのかどうか??

それでも、ドイツの未来は他のナショナルチームに比べれば

全くもって明るいですね。


話は変わってメッシのMVP受賞がいろいろと世間をにぎわしていますね。。。

メッシの実力からして

確かに本来の力を全て見せてくれたという活躍は無かった。

ロッベン、ハメス、ミュラー、マスチェラーノ、メデル

K・ナバス、ノイアーあたりのほうが印象には残った。

まあ、メッシが活躍して無いとは言わないけれど・・・

ちょっと選考基準が怪しかったね。。。
続きを読む
posted by かっちゃん at 21:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

そもそもブラジル代表は期待するほど強かったのか!?

今大会一番のショッキングな試合、

大敗を喫したドイツ戦を見返した。

あの大量失点にはどんなミスがあったのか?

1失点目。

クローゼのブロックに合っているが

ミュラーのマークが最初から甘すぎるD・ルイスのミス。

2失点目。

フェルナンジーニョのミス。

クロースの位置を何度か確認しているものの

クロースへのパスに対応できない

ポジショニングの悪さ。

3失点目。

これはブラジルのディフェンス陣ほぼ全体が悪い。

あっさりクロスを入れられるマルセロ。

マークを確認せずに背走するダンテとD・ルイス。

唯一マイコンだけは中に絞ってクローゼのマークをしているが。。。

4失点目。

ダンテの不用意なパス。

そして周りが見えていないフェルナンジーニョ。

5失点目。

これは偶然といえば偶然か!?

フンメルスのボールタッチが大きくなったところで

ディフェンスが寄せてはいるが、たまたまフンメルスが先に触れたボールが

絶妙のスルーパスになる。


と、前半だけでもこれだけミスを連発している。。。


一番の誤算は、パウリーニョのコンディション不足。

そして、予想通り影響の大きかった

キャプテンであり守備ラインの統率者であるチアゴ・シウバの欠場。

チアゴ・シウバの欠場は守備を脆弱にするだけでなく

CBにダンテをいれて、D・ルイスを一つ前に上げるという

オプションも失うことになる。

あとは、D・アウベスではなくマイコンを使う謎。

D・アウベスのコンディションが原因なのかどうか・・・定かではないが。。。

とにかく、ボランチを含めたDF陣の不安定さが敗戦の最大の要因。

それでも、過去のブラジル代表なら圧倒的な攻撃力があったけど

今メンバーは絶対的に攻撃陣のタレント不足。

ネイマールの穴を埋めるバックアッパーどころか

スタメンにすら計算できる得点源がいないという現状。

フレッジ、ジョー・・・

今までのブラジル代表ではあり得ないレベル。

完璧にネイマール中心の・・・ネイマールだけが輝ける

チームを作ってしまったスコラーリのミス。

そう考えていくと・・・

ネイマールのスター性に隠れてしまって

ブラジル代表の本当の実力が見えていなかっただけのような気がしてしまう。



最後に過去4大会分のコンフェデおよびW杯本大会での成績を調べてみた。

コンフェデでスペインを破って優勝したブラジル。

残念なことに過度な期待はここから始まったが・・・

調べてみると・・・

W杯のプレ大会と呼ばれるコンフェデの結果は

本大会の結果とは全く無関係であることが分かる。。。


●コンフェデ2013出場国(2014W杯 ブラジル大会結果)

優勝:ブラジル(ベスト4)

準優勝:スペイン(GL敗退)

3位:イタリア(GL敗退)

4位:ウルグアイ(ベスト16)

ナイジェリア(ベスト16)

日本(GL敗退)

メキシコ(ベスト16)

タヒチ(不参加)


●コンフェデ2009出場国(2010W杯 南アフリカ大会結果)

優勝:ブラジル(ベスト8)

準優勝:アメリカ(ベスト16)

3位:スペイン(優勝)

4位:南アフリカ(GL敗退)

イラク(不参加)

エジプト(不参加)

ニュージーランド(GL敗退)

イタリア(GL敗退)


●コンフェデ2005出場国(2006W杯 ドイツ大会結果)

優勝:ブラジル(ベスト8)

準優勝:アルゼンチン(ベスト8)

3位:ドイツ(ベスト4)

4位:メキシコ(ベスト16)

オーストラリア(ベスト16)

ギリシャ(不参加)

日本(GL敗退)

チュニジア(GL敗退)


●コンフェデ2001出場国(2002W杯 日韓大会結果)

優勝:フランス(GL敗退)

準優勝:日本(ベスト16)

3位:オーストラリア(不参加)

4位:ブラジル(優勝)

韓国(ベスト4)

カメルーン(GL敗退)

カナダ(不参加)

メキシコ(ベスト16)
posted by かっちゃん at 02:52 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

メッシの大会!?

ブラジルの敗戦はひとまず置いといて

オランダvsアルゼンチンの予想。

共にここまで本物の強さを見せていない両チーム。

まあ、オランダは初戦のスペイン戦では

強いと思わせたけど・・・

今では、あのスペインだったからという印象が強い。。。


オランダが若干優勢のような気もするが

どちらが勝つかは非常に微妙。


ディ・マリアを欠くアルゼンチン。

ファン・ペルシを欠く可能性のあるオランダ。

これだけで比べると戦力ダウンが著しいのは

明らかにアルゼンチン。

ディ・マリアを欠くアルゼンチンは

いくらラベッシやイグアインが良い動きをしていたとしても

そこにボールが供給されず

前線が孤立してしまう可能性がある。


対するオランダにはスナイデルとカイトが居る。

ペルシの変わりにはフンテラールが居る。

ロッベンはひとりでの突破も可能だし

オランダの方が明らかに攻撃のオプションが多い。


そんな状況でアルゼンチンが勝つためには

メッシの活躍は必須。

それも、今まで見せてきた程度ではなく

マラドーナの5人抜きのような

伝説的な強烈な活躍を見せる必要がある。

非常に困難な要求ではあるけどメッシなら

出来るかもしれない。

というより、メッシに是非見せてもらいたい。

そんな期待を抱きつつ・・・明日も早起きしたいと思います。

では、おやすみなさい。


posted by かっちゃん at 22:15 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル歴史的屈辱

まさかまさかの7失点。

スペインの大敗を世間から完全に忘れさせるほどの衝撃。

ブラジルがここまで粉砕されたのは

サッカー見始めてから二十数年・・・年取りました。。。

初めてだと思う。

最近の対戦では確かアルゼンチンとの親善試合で

4失点して敗れたというのはあったけど・・・

それでもブラジルも3得点しているからね。

チアゴ・シウバ、ネイマールの不在の影響も多少はあったと思うけど

俺自身もショックが大きすぎて

週末にもう一度試合を見直してみようと思います。


それはそうと・・・NHKにやられましたよ。

数日前に録画予約しておいたら・・・総合から教育に

放送変更していたなんて。。。

まあ、前半5分あたりに起きて

ドイツの先制ゴールから全てのゴールは

生放送で見ることが出来たけど。

ただ、録画はまず総合の録画予約をキャンセルして

教育にチャンネル合わせてすぐに見て録ボタンを押したけど・・・

中途半端で性格的に非常に気持ち悪い。

仕方なく、BS1での再放送を予約しておいたけど・・・

台風の影響とはいえ・・・

最初から教育で放送してくれれば良いいのに!!
posted by かっちゃん at 21:53 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 W杯 ブラジル大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする